FC2ブログ
無題 - コピー

第4次地域福祉活動計画の策定に向けて、第1回策定委員会を開催!

吹田市社会福祉協議会では、地域住民や関係機関・団体・行政なとど協働し、地域福祉の推進を図ることを目的に、地域福祉活動計画を策定しています。

この計画の特徴は…

○住民やさまざまな団体との懇談会を開催!
懇談会を通して、みなさんの声を聴き、計画に反映させています。

○5か年計画であること!
平成17年度からの第1次計画にはじまり、今年は第3次地域福祉活動計画の最終年度となっています。計画に沿って事業展開を行い、地域福祉の推進に努めています。

○33地区福祉委員会の全てで地区の計画を定めているところ!!
社協だけでなく、33地区の全てで5か年計画を策定しています。計画に沿って、小地域ネットワーク活動を中心とした住民による支え合い活動を展開されています。全ての地区福祉委員会で計画を定めているのは、大阪府内でも特徴とされています。

第4次地域福祉活動計画(令和2年度~6年度)を策定するにあたり、第1回目の策定委員会が7月5日(金)10:00から総合福祉会館の集会室で行われました。

策定員会3

策定委員会は、地区福祉委員会等との懇談会で出された意見や職員の業務分析などの報告や、計画の方向性を検討していく場です。
学識経験者や地区福祉員会をはじめとした福祉団体、行政機関など22名の委員に参画いただいています。
委員長に佛教大学の金田先生、副委員長に吹社協の桒田副会長が決定しました。

この日は第1回目ということもあり、各委員の自己紹介の後、吹田市社協の概要や第3次地域福祉活動計画の経過報告、第4次地域福祉活動計画の策定と計画スケジュールについて、事務局より説明させていただき、残りの時間で各委員より一言ずつ計画への想いや社協に対する期待などいただきました。

7月からは、地区福祉委員会や関係団体との懇談会がはじまります。みなさまの声を大切にしながら、策定委員会のみなさまと協議を重ね、計画の策定を進めていきます!


策定委員会1

策定委員会2

車いす38台のご寄付をいただきました!~(株)阪急オアシスさまより~

この度、(株)阪急オアシス様より当会の善意銀行に、38台と言うたくさんの車いす
のご寄付をいただきました!

このご寄付は、消費者の方々がレジ袋購入の際に支払われた代金の積立を活用されているそうです。

介助式(左側面)
いただいた車いすは市内の福祉施設にお渡しさせていただき、各施設でご活用いただいています

6月26日に行われた、吹田市社会福祉協議会施設連絡会の総会では、ご寄付いただいた車いすの
贈呈式も行わせていただきました。
総会・贈呈式の様子はコチラ

寄付を受けられた施設の皆さんからは「早速活用させてもらっています」
「車いすは必ず必要なので、とてもありがたいです」
と、たくさんの感謝のお言葉をいただいております

地域の福祉は、皆さまの温かい善意によって支えられています
(株)阪急オアシスさま、本当にありがとうございます。

吹三地区ふれあい昼食会(福寿会)

吹三地区福祉委員会のふれあい昼食会(福寿会)は年4回開催されます。今回は2回目になり、7月2日(火)に内本町コミュニティセンターで開催されました。
参加者は74人。梅雨空の中たくさんの方が参加されました。

最初に福祉委員長からのご挨拶があり、つぎに1階の吹田市内本町障がい者相談支援センターの職員さんがご挨拶に来られました。
①
②


お弁当を召し上がった後、一息つくとアコーディオンの音色が流れました。参加者の方へ歌集を配り、リクエストを聞きながら皆で一緒に歌います。アコーディオン演奏は吹三地区福祉委員会独特です。♪故郷・♪夏は来ぬなど、大きな声で好きな曲に合わせて歌うとほっこりします。
③

「楽しかった、ありがとう」「次回も楽しみです」と感想をいただきました。

協力していただいた吹三地区福祉委員会の皆さまご苦労様でした。

 
次回は11月25日(火)11時30分からです。お楽しみに!

吹田市社協のホームページがリニューアル!

みなさん、ご覧になられましたか?

☆リニューアルのポイント☆
①デザイン全面刷新
②スマホとの連動
③ホームページ内に検索機能を追加

見たよ~という方は感想を教えてください。
まだ~という方はぜひご覧ください。

吹田市社会福祉協議会のホームページはこちらから


 山手地区のこれからを考える交流会 開催!!

6月29日(土)「山手地区のこれからを考える交流会」を開催しました。
この交流会は「山手地区コア会議(山手地区内の地域団体や、福祉施設、大学等が集い意見交換する場)」のメンバーが企画し、今回で第4回目を迎えました。
今回のテーマは「地域での支え合いについて~災害時の経験を生かして~」

コア会議の代表である佐竹福祉委員長の開会のあいさつでは、昨年度吹田も被害を受けた大阪北部地震や台風21号接近の時の経験も踏まえながら、「災害時にも生きてくる日頃からの支え合い」について、
この交流会で一緒に考えていきたい旨が伝えられました。
DSCN2652.jpg

そして、コア会議のメンバーである高寿園(特別養護老人ホーム)の小川さんから、コア会議の活動紹介がありました。

その後、意見交換のテーマについて、参加者個人で考えてもらい、続いてグループで意見交換を行いました。
20190629_192354.jpg
20190629_191934.jpg

どのグループも、終了時間を過ぎてもまだまだ話が尽きないくらいに、活発に意見交換がされていました。

グループワークの後は各グループで出た意見を発表してもらい、コア会議のメンバーである大和大学の菅沼先生に意見交換の総括をして頂きました。
20190629_193643.jpg

各グループの発表では
・地域の交流の場があることが大切
・日頃のあいさつが一番大切
・心配な人の情報を地域で共有し、みんなで見守ることが出来たら
・大学との連携を深めていきたい
・定期的に交流会を開催できたらいい

などの意見が挙がり、菅沼先生からも「大学や企業とも連携した全世代参加のコミュニティづくり」の重要性が話されました。

最後に、コア会議のメンバー、高寿園の池田園長から閉会のあいさつとして、「“公助”を期待する前に“地域がつながる”ことの重要性を感じた」との感想をいただきました。
20190629_195651.jpg
同じ山手地区の住民同士、福祉施設や大学も一緒になって、改めて地域のつながりや支え合いの大切さを共有する、貴重な機会となりました。
ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!

7月の吹田市社協の活動予定

吹田市社協では、「誰もが安心して暮らせる住みよいまちづくり」を目指して、多くの方と力を合わせながら、さまざまな活動を行っています。
今後、予定している主な活動をご紹介します。
各活動の詳細は吹田市社協へお問い合わせください。
※主に吹田市社協が主催(もしくは共催)している活動のみご紹介しています。


7月の吹田市社協の活動予定

1日(月)
●第1回すいたの年輪ネット
時 間:14:00~
場 所:千里山コミュニティセンター
参加者:すいたの年輪ネット委員
内 容:これからの生活支援体制整備事業について ほか

4日(木)
●コミュニティサロン
時 間:14:00〜16:00
場 所:夢つながり未来館
参加者:地域住民(ボランティア活動を始めたい方)
内 容:使用済み切手の整理など

5日(金)
●第4次地域福祉活動計画策定委員会
時 間:10:00~
場 所:総合福祉会館
参加者:策定委員
内 容:第4次地域福祉活動計画について

8日(月)
●地区福祉委員研修会
時 間:14:00~
場 所:総合福祉会館
参加者:地区福祉委員
内 容:吹田市社会福祉協議会・地区福祉委員会が取り組む地域福祉活動について、意見交換会

9日(火)
●片山岸部ブロック意見交換会
時 間:10:00~
場 所:岸部市民センター
参加者:片山岸部ブロック地区福祉委員
内容:第4次地域福祉活動計画策定に伴う意見交換

●コミュニティサロン
時 間:13:00〜15:00
場 所:総合福祉会館
参加者:地域住民(ボランティア活動を始めたい方)
内 容:プルトップの選別、使用済み切手の整理など

●助け愛隊ボランティア養成講座
時 間:14:00~
場 所:総合福祉会館
参加者:吹田市民(事前申込み制)
内 容:助け愛隊の活動について

10日(水)
●衛生講習会
時 間:10:00~
場 所:総合福祉会館
参加者:地区福祉委員
内 容:食中毒の予防について、意見交換

12日(金)
●地区福祉委員長会議
時 間:14:00~
場 所:総合福祉会館
参加者:地区福祉委員長
内 容:令和元年度共同募金運動 ほか

18日(木)
●財政部会
時 間:10:00~
場 所:総合福祉会館
参加者:財政部会委員
内 容:自主財源の確保について

19日(金)
●三役会議
時 間:10:00~
場 所:総合福祉会館
参加者:吹田市社協会長、副会長、常務理事
内 容:第4次地域福祉活動計画について、補正予算について


23日(火)
●コミュニティサロン
時 間:13:00〜15:00
場 所:総合福祉会館
参加者:地域住民(ボランティア活動を始めたい方)
内 容:プルトップの選別、使用済み切手の整理など

●山田千里丘ブロック意見交換会
時 間:14:00~
場 所:総合福祉会館
参加者:五月が丘、山一、山二、山五、東山田の地区福祉委員
内 容:第4次地域福祉活動計画策定に伴う意見交換会

●吹田コスモスの会(認知症家族の会)交流会
時 間:13:00~
場 所:総合福祉会館
参加者:吹田コスモスの会会員
内 容:意見交換会

24日(水)
●施設連絡会幹事会
時 間:13:30~
場 所:総合福祉会館
参加者:施設連絡会幹事・監事
内 容:今年度の事業実施について

30日(火)
●千里山佐井寺ブロック意見交換会
時 間:14:00~
場 所:総合福祉会館
参加者:千里山佐井寺ブロック地区福祉委員
内 容:第4次地域福祉活動計画策定に伴う意見交換会

31日(水)
●山田千里丘ブロック意見交換会
時 間:10:30~
場 所:亥の子谷コミュニティセンター
参加者:山三、西山田、南山田、北山田の地区福祉委員
内 容:第4次地域福祉活動計画策定に伴う意見交換会



第7回高次脳機能障がい者の家族交流会と学習会

 令和元年6月22日(土)に吹田市勤労者会館で「第7回吹田市高次脳機能障がい者の家族交流会と学習会」を行いました。
今回の第1部は「高次脳機能障がい当事者が感じていること」当事者ご本人から事故にあった時から現在に至るまでの事、リハビリ、日常生活の事など質問形式で話されました。
高次脳1
参加者が32人と多く、「時間が足りない」という声が聞かれました。
第2部はご家族と当事者に分かれて交流会!!
IMG_1303_201906261724579e3.jpg

・私だけじゃない。
・辛さを共有できた。
・自分の体験も他の方の参考や励みになれば。
・もっと色々聞きたい。

終了後、
『気持ちがすっとしました!』 と帰られるご家族。
『また、お会いしましょうね』

高次脳機能障がいは「見えない障がい」と言われるその症状から、本人に自覚がなかったり、また、ご家族や周りの人たちにもなかなか理解されにくい障がいです。

年に2回ですが、家族交流会と学習会を開催しています。
次回は、来年1月頃を予定しています。ご家族の皆さま、ご参加お待ちしています

災害の備えを再確認!吹六地区ふれあい昼食会『六寿』

6月20日に内本町コミュニティセンターにて吹六地区ふれあい昼食会『六寿』が行われました
はじめに、内本町障がい者相談支援センター、吹一吹六地域包括支援センターより、相談先や講座の紹介に関する情報提供がありました

そのあと、昨年6月18日に発生した大阪府北部地震から約1年ということもあり、いま一度、災害への備えを再確認するため、吹田市危機管理室より防災に関するお話をしていただきました

1_2019062016050960b.jpg

命を守るために大切なことは『備え』だ、と説明がありました。
食べ物などの備蓄だけでなく、避難所の場所を把握しておくこと、市からの情報に敏感になっておくこと、ホームページ等を見て情報を得た方は近所の方に教えてあげることなど、情報の収集も大切な備えになることを改めて感じました

有事の際には、日頃からの備えに加え、近所同士の支え合いの関係も非常に重要になってきます
昼食会は近所同士のつながりづくりを目的に実施しています

危機管理室のお話のあとに参加者で昼食をいただきました
吹六地区では顔が見えやすいようにテーブル配置を工夫しています

2_201906201605111e4.jpg


防災に関することや、最近の出来事について話が弾みました

今日の『六寿』をきっかけに、いつ起こるかわからない災害に備えて準備しておきましょう。
委員のみなさんお疲れ様でした。
次回は7月に実施予定です

千里山・佐井寺ブロックの7月予定

千里山・佐井寺ブロックの4地区の7月の活動について紹介いたします。

佐井寺地区福祉委員会(公民館と高齢者いこいの間にて) 

写真①

7月17日(水)10時30分~ 子育てサロン
7月26日(金)13時30分~ 茶話会(いきいきサロン)

千二地区福祉委員会(公民館にて)

写真②

7月10日(水)10時30分~ カンガルー(子育てサロン)
7月22日(月)13時30分~ さくらんぼ(いきいきサロン)
*8月はお休みです。

千三地区福祉委員会(公民館にて)

写真③

7月 4日(木)10時30分~ 子育てサロン
7月25日(木)13時30分~ 陽だまりカフェ(いきいきサロン)

千里新田地区福祉委員会(児童センターにて)

写真④

7月3日(水)10時30分~ のびのび(子育てサロン)
*8月はお休みです。

サロンでは、地域の人達のあたたかい笑顔に出会えます。CSW(生活・福祉の相談員)もお待ちしております。

大阪府北部地震から1年

平成30年6月18日午前7時58分。大阪府北部を震源に、マグニチュード(M)6・1、最大震度6弱を観測した大阪北部地震発生から、ちょうど1年が経過しました。
吹田市でも震度5強を観測しました。吹田市社協は災害ボランティアセンターを、7月2日からはきららスマイルセンター『復興支援センター』を立ち上げて、活動を行いました。

センターには多くの相談が寄せられましたが、全国から集まって下さった多くのボランティアの皆さまに助けていただきながら、ニーズ(困りごと)に対応させていただきました。ボランティアセンターの運営などには、日頃から繋がっていた団体のみなさまにもたくさん助けていただきました。

地域では、民生委員さんなどが、安否確認にまわってくださり、地区福祉委員会では、地震当日は延期した行事もありましたが、“こんな時だからこそ!”と、いつも通りの地区福祉委員会活動を続けてくださいました!
サロンの参加者からも「みんなの顔を見て安心した」「ひとりでは心細かった」などの声もありました。

日頃からの繋がり、活動が、災害時にも生かされている証拠ですね

【活動件数】(6月19日~7月31日までの件数)
依頼件数:376件
延べ活動人数:1285人
ボランティア人数:663人

IMG_1805.jpg

1年を振り返ると、あっという間です。この災害を風化させないよう、これからも吹田市社協では、さまざまな団体や関係機関との日頃からの顔のみえる関係を築きつつ、日頃から助け合い・支え合い活動を行っている地区福祉委員会の活動に寄り添い、“災害にも強いまち・吹田”をめざします!

<お知らせ>
『災害ボランティア事前登録制度』の登録者を受け付けております。
昨年の災害ボランティアセンターでもたくさんの方にご活躍いただきました。
登録者には、災害発生時には災害ボランティアセンターでの活動や、災害に関する情報提供、登録者向け研修を行っております。

対象は、吹田市在住・在勤の18歳以上の方。
ボランティア活動保険(天災補償付、600円/年)にご加入いただきます。

詳しくは、吹田市社会福祉協議会までお問合せください。

登録①
登録②





カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

FC2カウンター

ツイッター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

カテゴリ