無題 - コピー

子どもたちから☆「こども社協だより9号」の感想

10月1日に発行した「こどもすいた社協だより9号
子どもたちや、おうちの方からたくさんの感想が届きました一部ご紹介します

こどもすいた社協だより9号は、コチラ
1面は「赤い羽根共同募金」、2面は「東日本大震災復興支援」の記事でした


【感想】
・なつにおかあさんとおねえちゃんが、りくぜんたかたにボランティアにいきました。ぼくもやくにたちたいとおもって、ぼきんしました。(小1)

・赤いはねぼ金は、ばーばが生まれたときにはじまったのがびっくりしました。わたしも、たすけあいのこころをもちたいと思います。(小2)
・私も小さい頃から、赤い羽根共同募金をしていますが、どんな理由で作られたのか、何に使われているのか詳しく知りませんでした。今回知ることができて良かったです。(母)

・せんそうが終わってから、今まで助け合いがつづいているのはとてもいい事だから、これからも、もっと未来までずっと助け合いがつづいてくれたらいいなーと思いました。わたしも小学生なので、子どもに役だってくれたらいいなーと思います。(小3)

・絵も色も黒一色じゃなくて、明るいのでよんでみようという気になります。赤い羽根共同募金について、よくわかりました。小さい頃、福祉委員のおばさんたちにお世話になったそうなので、(今もかな?)いろいろな活動に使われるといいな、と思います。(小3)

・私は、学校で、この手紙をわたされるのが、とてもうれしいです。見て、「え、そうなの?」とか、「へ~すげ~」と思えるからです。今回、赤い羽根共同募金のことについて書いていましたね。私は、募金が好きなので、いつもしています。なので、赤い羽根もやったことがあり、集まったお金はどのように使われているのか知れて良かったです。(小4)

・私は、「こども社協だより」をみて戦争が終わったあと、みんな苦しいのに、困っている人たちのために、みんなで助け合っていこうと考え出したことは、とても良かったことだったんだなと思いました。これからも赤い羽根をもっと広げられたらいいなと思います。(小6)

・赤い羽根共同募金のことについて、くわしく色々と知れました。私達が募金するだけで、困っている人を助けられることに気づき、すごいなと思いました。私達でも出来る事があるので、もっと私も取り組みたいと思いました。(小6)

・「こども社協だより」をよんで、「赤い羽根共同ぼ金」は昔からあって、私たちの生活に役立っていることを知りました。しん災ではたくさんのひ害にあったけど、被災地では、がんばっている人たちがいることを知りました。(小6)

・「赤い羽根共同募金」はみんなのために役立っていて、「みんなで助け合う」ということを強く感じます。東日本大震災では、吹田市内のボランティアが行ってきたと書いてあり、びっくりしました。私も、いつまでも震災を忘れず、応援したいです。(小6)

IMG_2782 (263x350)
たくさんの感想、かわいいイラスト、本当にありがとうございました(*^^)

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

FC2カウンター

ツイッター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

カテゴリ