FC2ブログ
無題 - コピー

久しぶりのコミュニティサロン!

新型コロナウイルス感染防止のため、2月から活動を自粛していたコミュニティサロン(※)が、7月14日(火)5か月ぶりにようやく再開しました
朝から雨模様で足元が悪い中でしたが、活動再開を楽しみに待ってくださっていた皆さんが次々と集まり、「元気にしてた?」「やっぱり会えると嬉しいね!」など、ハグや握手はできないですがマスクの下は笑顔であふれていました。

換気もOK!3密にもならないよう2部屋に分かれて活動。
IMG_2836新

新IMG_2838

始まる時には久々の再開を祝して、ボランティア相談員さんの掛け声で小さな声で「エイエイオー‼‼」
IMG_2832.png

使用済み切手の整理とプルタブの選別作業をしていただきました。
新IMG_2841

新IMG_2845

いつもより少し時間を短縮しましたが、やはり集まって顔を見て少しでも話ができるとホッと安心できる、そんな内容の濃い時間となりました。

※コミュニティサロン
 初めて活動される方でも気軽に参加できるボランティア活動として、使用済み切手の整理やプルタブの選別作業などをしています。あなたも参加してみませんか。
毎月第2・4火曜日 午後1時から午後3時まで 総合福祉会館ボランティア室
毎月第1木曜日   午後2時から午後4時まで 夢つながり未来館2階会議室
  (夢つながり未来館での活動は、現在もお休みしています。)

eコミ操作研修を行いました

eコミ(eコミュニティ・プラットフォーム)は、webを活用して情報共有をスムーズに行うためのツールとして、国立研究開発法人 防災科学研究所とコミュニティエンパワメントオフィスFEEL Doが作成しました。災害時の情報共有にも有効であることから、大阪府社協を中心に、市町村社協でも運用をめざしています。

吹社協でも令和2年度にモデル事業を受託しました。このツールを活用し、生活支援コーディネーターを中心に作成している、『集いの場リスト』や子育て仲間づくり情報『きらきら』、コロナ禍の取り組みとしてはじまった子育て動画配信『きららとあそぼ!』等での運用をすすめています。
吹田市社会福祉協議会のホームページの新着情報をご覧ください。)

災害時に活用するためには、平時から職員が使用できることが重要です。そこで、先日CSW向けに操作方法の研修会を開催しました。(三密にならないように、2回に分けて開催しました。)

eコミ研修


操作研修には、大阪府社協の担当者にも来ていただきました。
eコミでのデータの見方、印刷方法、データ作成方法などを学びました。


8月には、地域包括支援センターの職員さんにも操作研修を行います。


これからも、eコミも活用しながら、地域福祉活動をよりよいものにしていきたいと思います

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

FC2カウンター

ツイッター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

カテゴリ