無題 - コピー

これからを考える意見交流会 ~高野台編~

平成29年2月17日(金)高野台市民ホールには高野台地区福祉委員会や自治会などの地域住民、地域包括支援センターやデイサービスセンター、保育園などの関係機関、合わせて51名が集まり、高野台のこれからを考える意見交流会を開催しました!

写真①

はじめに玉川学園保育園の粉川理事長よりご挨拶をいただきました。普段から地区福祉委員会とは世代間交流は昼食会などでも交流がある保育園です。「高齢者の生活について考える会ですが、子どもの立場からできることなど一緒に考えていきたい」という心強いお言葉をいただきました。

前半は、広域型生活支援コーディネーターより、「住み慣れた地域で安心して暮らすために」というテーマで基調報告がありました。今の高野台の人口や高齢化の推移、高齢者の生活支援と社会参加のアンケート結果、地域づくりについての報告がありました。
後半は7つのグループに分かれて意見交換をしました。

①高野台地区の高齢者が困っていること、気になること
②今の地域での活動で取り組めること、新たに必要な取り組み


の2つのテーマについて、それぞれの立場からご意見をいただきました。

「高齢化が高くて活気がない」
「買い物帰りに休憩するところがない」
「地域に浴場を作ってほしい!」
「ちょっとした困りごとをしてくれる『便利屋さん』のような人を派遣してほしい」


など、様々なご意見をいただきました。

写真③

写真②

最後に、高野台自治会協議会の松岡会長代行より、「今日出た意見をしっかり反映していってほしい」とご挨拶をいただきました。

参加者のアンケートからは、
「勉強になりました」
「色々な意見を聞くことができたのでこれから役に立てていきたい」
「問題を共にして皆で考えていきたい」
「意見交換の場を定期的に行ってください」
「(生活支援コーディネーターのことなどを)まだまだ知らない人が多いかも」
「今後ますますその役割が重要になると思いました」


といった期待の声などもたくさん寄せられました。

今回の意見交流会は、第1回目ということで顔合わせも込めてざっくばらんに意見交換をするという集まりでしたが、次に繋がる交流会になったのではないかと思います。

吹田市社会福祉協議会では、これからも地域のみなさんの“声”を聞きながら、一緒になって地域づくりを進めていきたいと思います!

参加された皆さま、おつかれさまでした。ありがとうございました



カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最近の記事

FC2カウンター

ツイッター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

カテゴリ