無題 - コピー

桃山台地区福祉委員会のふれあい昼食会、桃寿会!

平成27年11月29日(日)に、桃山台市民ホールでふれあい昼食会が開催されました

今回は、桃山台3丁目自治会の方々が担当で、企画・準備から当日まで、皆さんで手分けしてお手伝いして下さいました

ひとり暮らし高齢者の参加者は、90名
皆さん、楽しくおしゃべりしながらお箸も進みます

1_20151130112107bda.jpg

前日に青少年対策委員会主催で実施された「餅つき大会」のお餅も、皆さんに配布されました。

2_20151130112108a76.jpg

美味しいお食事のあとは、皆さんで元気に歌を唄って楽しみました

「幸せなら手をたたこう」
「上を向いて歩こう」


懐かしい歌で、ほっこり和みました

桃山台地区福祉委員会では、ひとり暮らし高齢者だけでなく、高齢者世帯(77歳以上)を対象に昼食会も実施されています。
今年度は、12月5日、6日に開催されます。

ひとり暮らしの方だけでなく高齢者世帯にも、福祉委員会として何か交流の機会を設けられたらということで取り組んでおられ、地域の皆さんに喜ばれている活動です

竹見台地区福祉委員会の活動紹介

竹見台地区福祉委員会では、11月にさまざまな活動を実施されましたので紹介します!

まずは世代間交流です
11月6日に、千里たけみ小学校の1年生と一緒に、チューリップの球根植えを行いました

1_20151126163737290.jpg


各自の植木鉢に、石を敷いて、土を入れ、球根を入れて、水やり。
福祉委員さんに教えてもらいながら、子どもたちはうれしそうに作業していました。

2_20151126163738e99.jpg


春になったら、どんな色のチューリップが咲くのか今から楽しみです
元気いっぱいの子どもたちと地域のみなさんは、笑顔で会話しながら楽しく交流

3_2015112616374009e.jpg

もう、すっかり顔なじみです。地域で出会ったら、元気にあいさつしてね~


続いて、竹見台市民ホールで実施しているいきいきサロンです
11月20日のサロンでは、折り紙でポインセチアのお花づくり
この折り紙の折り方を教えてくださったのは、なんと参加者の方だそうです

4_201511261637412f5.jpg

「わー、難しいわ~」
「これでいいのかな?この折り方で、あってる?」
福祉委員さんと一緒に、賑やかに折り紙を楽しまれていました。
お花の折り紙の続きは、また次回のサロンで!
折り紙の後は、新しく担当になったCSWと一緒に、みんなで元気に体操

5_20151126163743840.jpg

手遊びやグーパー体操などで、心も体もほぐれました


最後は、ふれあい昼食会です。
11月22日に市民ホールで実施しました。

6_201511261637556f5.jpg

カキフライ、ふろふき大根、ポテトサラダ、豚汁を、福祉委員さんが手作りされて、参加者の皆さんに振る舞われました

7_20151126163757129.jpg

美味しいお料理をいただきながら、たくさんおしゃべりをして、皆さん笑顔に

8_201511261637582f2.jpg

竹見台地区福祉委員会では、このような世代間交流事業やいきいきサロン、ふれあい昼食会などの活動をとおして、地域住民同士の仲間づくり・交流のきっかけとなるよう熱心に取り組まれています

作品が増えました2!きらら美術館!

「きらら美術館」
またまた新しい作品の登場です
DSCF2645.jpg

DSCF2647.jpg

千三地区でおこなわれている「おしゃべりサロン」に来られている方が作ってくれました
DSCF2640.jpg
編みぐるみのきらら!大作です
はとのおともだちも、もちろん一緒に


「きらら作品」は期間を延長してまだまだ受付中です
これまでに届いた作品は コチラ

「きらら美術館」
場所:吹田市出口町19-2 総合福祉会館2階 社協事務所前
期間:~平成27年12月28日まで

作品が増えました!きらら美術館!

吹田市社協で開催中の「きらら美術館」

DSCF2567.jpg
また新たに素敵な作品が届きました!

貼り絵のきららをお母さんが、お空を1歳の娘さんが描いてくれました
赤い羽根を持って共同募金をPRしてくれています
DSCF2561.jpg

大人なタッチの塗り絵きららとっても優し色合いです
DSCF2565.jpg

布を貼り合わせて作ってくれたきらら!きららのかわいさがよくでています
DSCF2589.jpg

お手紙を書いているきらら♪誰へのお手紙かなぁ
kira_20151118213435d69.jpg


これまでに届いた作品はコチラ
「きらら美術館」
場所:吹田市出口町19-2 総合福祉会館2階 社協事務所前
期間:~平成27年12月28日まで

東山田地区 『あなたにできる ボランティア入門講座』

東山田地区福祉委員会では、「地域のボランティア活動に興味を持ってもらえたら・・・。」「ボランティア活動の一歩を踏み出すきっかけになったら・・・」との想いから、初めてボランティア入門講座を公民館と共催で企画しました

東山田1

○日時 11月21日(土)午前10時~正午12時
○場所 東山田地区公民館(吹田市新芦屋上32―1)
○定員 30人

○内容 1部・・・石井祐理子氏(京都光華女子大学 健康科学部 医療福祉学科 准教授)による「ボランティアを始めるには!」の講演。
2部・・・東山田地区で行われている地域福祉活動やボランティア活動の紹介と交流。

地域とのつながりが今までなかったな・・・。
「前からボランティアに興味があったけど、始めるきっかけがなかった。」
「活動に参加しているけど、改めて話が聞きたい。」
などボランティア活動のきっかけに、ぜひご参加ください

申込みは、東山田地区公民館(☎06-6876-9901)まで。

青山台福祉ふれあい祭り!

平成27年11月7日に、青山台近隣センター広場で「福祉ふれあい祭り」が、青山台地区福祉委員会と青少年対策委員会との共催で開催されました

写真1


ペットボトルボウリングやコマ回し、おもちゃの金魚すくいなどのゲームあり
おうどんやフランクフルト、エビせん揚げなどの食べ物ブースあり
何から、挑戦しようかな~

写真2


青山台地域にある障がい者施設の「サフラン」も、ブース出展で参加されており、地域に根付いた施設になっています
サフランでも大活躍のボランティアグループ「アムール」も参加

また、地域の方々によるお餅つきも行われました
つきたてのお餅で作ったぜんざいは、甘くて美味しくて格別でした

写真3
写真4


「福祉ふれあい祭り」には、小さなお子さん連れのご家族や、小学生のお友達からご高齢の方まで、幅広い世代の青山台地域の方々が集われ、身近な地域の交流の場となっていました。
このような地域行事などを通して、地区福祉委員会では顔の見える関係づくり、地域住民同士のつながりづくりを進めています

来年の干支は?

 11月6日(金)、千里山西デイの2階には楽しいおしゃべりの声が。この日は千三地区の手作りサロンの開催日です
 今日は来年の干支にちなみチリメンでを作りました。
お隣同士で先生役と生徒役が時々変わりながらお話も進みます。

 NEC_0061.jpg   NEC_0063.jpg 
            NEC_0065.jpg

毎年この時期に来年の干支作りを始めて十二支が揃いました
今年は2匹目の申ができあがります


       NEC_0060.jpg  
       緑の申は12年前の、茶色の申は今年の作品です。

西山田中学校 街頭募金活動

10月16日(金)と10月17日(土)に西山田中学校で生徒会を中心に街頭募金活動をしました。
登校時間に合わせて校門前に立ち、募金を呼びかけます。

1
「おはようございます!」「赤い羽根共同募金に協力よろしくお願いします!
元気な声を出して、積極的に取り組みました

2

「ご協力ありがとうございます
クラスの友だちや部活の仲間など、多くの人に声をかけて協力いただきました。

活動の前には共同募金のDVDを見て学びを深め、取り組みました。
『募金活動をする人も協力する人もボランティア』
ということで、みんなで地域福祉に参加しました

後日、西山田地区福祉委員会が生徒会より集まった募金箱を受け取りました。

3_2015111018492620e.jpg

ご協力いただいた募金は、大阪府内の福祉施設や地区福祉委員会の活動などの地域福祉活動に役立てられます

地域の中で赤い羽根共同募金活動(みんなのまちをよくする仕組み)が広がっています。

赤い羽根共同募金について詳しくはこちら♪

問い合わせ:吹田地区募金会
☎06-6339-1254

自治会ごとで実施!吹六地区ふれあい昼食会


11月4日(水)に吹六地区のふれあい昼食会が実施されました。
毎年恒例、自治会ごとに5か所の会場で昼食会が行われました

今回は南清和園町自治会館にお邪魔しました。
まず自己紹介から始まります
同じ自治会なので顔は知っていても、名前までは知らないということが多いようです。
この昼食会がお互いを知るきっかけになれば、と福祉委員さんは話されていました

次に参加者全員でラジオ体操をして体をほぐしました
おなじみの「ラジオ体操第一」の曲に流れて聞こえるのはコテコテの関西弁
関西弁バージョンのラジオ体操に、体だけでなく、心もほぐれました

続いて、CSWから介護予防についてのお話をしました。
体の介護予防、脳の介護予防に加えて、口の介護予防として、「ぱたから体操」を皆さんで行いました

そのあとは皆さんで昼食を「いただきます!」

1_20151110185512f4b.jpg

昼食後、参加者同士でわいわいと会話が弾んでいました。
みなさんの笑顔が印象的でした

普段行われている昼食会は内本町コミュニティセンターで実施されることが多く、そこまでは行きづらい方でも、「今回地元の自治会館での実施だったので来られた」という方もおられました。
より近い地域でのつながりを大切にされているのだと感じました。

次回は12月9日に、内本町コミュニティセンターで実施されます


きらら美術館 開催!

吹田市社協ではただ今「きらら美術館」を開催中です
「きらら作品の募集」に応募してくれた皆さんの作品を飾っています!
1446707646078-1 (2)
DSCF2470.jpg


こちらは4歳の女の子がお母さんと一緒に作ってくれました
「きらら」もお母さんと一緒かな??
1446707623313.jpg
そのお兄ちゃんは上手に絵を描いてくれました
1446707600287.jpg

こちらはプラ板のキーホルダー
とても丁寧に色づけしてくれています
1446782920076.jpg

1446782909235.jpg

小学校5年生の女の子はなんとマスコット人形をつくってくました!細かなところまでそっくりです!
kira.jpg

そして、動くきららも登場!おもちゃ作りをしているボランティアさんによる大作です
1446782866229.jpg

個性がきらりと光る作品がたくさんの「きらら美術館」
皆さん、ぜひ見に来て下さいね!
作品もまだまだ募集しています
応募してくれた方には記念品もお渡ししていますので、ぜひオリジナルの「きらら」を作ってみてくださいね
ぬりえもありますよ



「きらら美術館」
場所:吹田市出口町19-2 総合福祉会館2階 社協事務所前
期間:~平成27年12月28日まで

千里新田小学校で福祉体験!

千里新田小学校では、今年の10月~11月にかけて4年生を対象に福祉教育が行われました

一連の授業では「高齢者疑似体験」「視覚に障がいがある方のお話し」「アイマスク体験」
「車いす体験」「聴覚に障がいがある方のお話し」
に取り組み、
お子さんたちに“色んな立場の人”について知り考えてもらうきっかけになりました

高齢者疑似体験  
1447055101770.jpg 1447055101480.jpg
おもりなどを身に付け年をとった時の体の状態を体験しました。
サポート役の福祉委員さんから「いつもとどう違う」と聞かれると「書きにくい!」との返事が…

視覚に障がいがある方のお話し 
ボランティアグループ「点訳の会 円」さんのご協力を得て、お話しを聞かせていただきました
きゅうりの輪切りの実演にはみんなびっくり 「努力すればいろんなことができるようになる」ことを教えてもらいました!

アイマスク体験 
1447055191111.jpg 1447055191333.jpg 
アイマスクを着け、白杖を持って校内を歩きました 介助役も体験しました。
目が見えないってこわい!不安な時に隣に手助けしてくれる人がいると安心です

車いす体験  
DSCF2292.jpg
車イスに乗って校舎を移動 載る体験と押す体験両方しました
どうやったらお友だちが快適に車いすに乗れるかな…先生の投げかけにみんな一生懸命考えながら取り組んでくれました

聴覚に障がいがある方のお話し 
1447055102225.jpg 1447055102045.jpg
手話通訳のボランティアさんにもご協力いただき、耳がほとんど聞こえない方から実際の生活の様子を聞かせてもらいました 
学校開放の日だったため、保護者の方も一緒にお話を聞いていただきました

授業を通して、お子さんたちには自分たちの周りには色んな人がいることを体感してもらいました
色んな人がいる中で、困った時は自然にお互いに助け合う 
そんな吹田のまちをお子さんたちとも一緒につくっていきたいと思います

今回の福祉教育をおこなうにあたっては、「千里新田地区福祉委員会」の皆さんに毎回ご協力いただいたほか、社協のボランティアセンターに登録いただいているボランティアグループさんや個人のボランティアさん、たくさんの方にご協力いただきました。
福祉教育はたくさんの地域の方やボランティアさんに支えられています
ご協力いただいた皆さん、本当にありがとうございました

吹田市社協が取り組む福祉教育は「市報すいた12月号」でも紹介されます
今回の車いす体験の様子も載りますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

西山田地区介護講座


平成27年10月31日(土)西山田集会所にて、西山田地区福祉委員会と西山田地区公民館との共催で「西山田地区介護講座」が開催されました。

今後、配偶者や親族などの介護に備えて、スタッフを合わせて50名の参加がありました。
参加者の中には、男性の方も多く見られました

当日には、リハビリ本舗あっぷる訪問看護ステーションさん福祉用具貸与事業所のゆうえるさんにご協力いただき、「すぐに役立つ介護技術のコツ」のテーマで実技を含めた講座と最新の福祉用具の紹介をしていただきました

①


 講義のあと、2班に分かれ、実際にベッド上で横になっている状態から頭を起こし、車いすに移乗する動作などを、参加者の皆さんに体験してもらいました。

②


最新の福祉用具として、多機能なベッドを「見て・触れる」良い機会となりました。車いすでは、アシスト付きの車いすなど坂道を補助してくれるものもあり、「便利なものが増え、実際に使ってみたい」との声も聞かれました

③


参加者からは、「今は、介護はしていないけど、今後のためによい勉強になった
介護は、力ずくでするのではなく、コツがあることが分かった。」と感想をいただきました

④

吹南地区「福祉委員研修会」

10月29日(木)、下新田自治会館で、吹南地区福祉委員会の福祉委員研修会がありました。

この研修会は、地区の皆さんが「地区で研修会をしたい!」という熱い想いから、今年度初めて取り組みました。

初開催となった今回は、「介護保険と介護サービス」について学びたいという意見があがり、
吹田市の高齢支援課より、講師に来ていただきました。

19時30分という遅い時間からの開催にも関わらず、33名の参加がありました。

ブログ掲載


皆さんメモをとりながら、真剣に聞いておられました。

また、質疑応答では、多くの質問があり、介護保険制度に対する皆さんの関心の高さがとても伝わりました。

ブログ掲載②


参加者の皆さんにとって、良い機会になったと思います。

このような研修会が地域の中で開催されているのって素晴らしいですね!

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

FC2カウンター

ツイッター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

カテゴリ