無題 - コピー

春を満喫♪千二地区ふれあい昼食会

3月30日(金)、千二地区福祉委員会主催の「ふれあい昼食会」が行われました
今日は、滋賀県までおでかけ♪彦根城の玄宮園へ行ってきました
NEC_0221_convert_20120330144606.jpg
お天気にも恵まれて、みなさん美しいお庭を楽しまれていました
その後は、豪華なお食事で、お腹も満たされ、心身ともに癒されました(す)

ペットボトルキャップ、ありがとう♪善意銀行

3月27日(火)、山田中学校生徒会さんより善意銀行へペットボトルキャップ128kgのご寄附をいただきました

今月は、山田中学校生徒会さんのほか、佐井寺中学校、片山中学校、山田東中学校の生徒会さんよりたくさんのペットボトルキャップのご寄附をいただきました
螻ア逕ー荳ュ蟄ヲ譬。逕溷セ剃シ喟convert_20120329180250
ありがとうございましたm(__)m

今月は、合計150kgのペットボトルキャップが集まり、「NPO法人e-kotonet」さんに回収してもらいました回収されたキャップは、リサイクルメーカーに売却し、売却益をワクチン寄贈団体に寄付され、途上国にワクチンが届けられますキャップ800個で一人の子どもの命が救えます

回収されたキャップは、プラスチックの再生ペレットとして、ボールペンなどに加工されるそうですちなみに、ゴミとして焼却されると400個で3,150gの二酸化炭素が発生してしまいます。環境保護にもつながっているんですね♪
e-kotonet繝√Λ繧キ_convert_20120329180325
今後も、みなさまからのあたたかいご寄付、お待ちしております(大)

地域の皆さん大集合☆吹南福祉「ふれあいフェスティバル」

3月25日(日)に吹南地区福祉委員会による吹南福祉ふれあいフェスティバルが開催されました
この時期にしては少し寒い一日でしたが、会場は皆さんのパワーであふれていました
グランドゴルフや車椅子体験コーナー、囲碁・将棋のコーナーなどがあり、子どもから大人まで楽しそうに参加されていました
吹南地区福祉委員会「さくら草の会」のやきそばやあったかいスープ、ぜんざいでおなかがいっぱいになった後は、落語やカラオケなどを楽しまれていました
今回ものぞみ福祉会「ブルーリボン」さんがクッキーとコーヒー、さつき福祉会「グーチョキパン屋さん」がパンの販売に来て下さり、よい交流の場となりました

IMG_1837_convert_20120326170846.jpg
オープニングは「龍の鼓」の和太鼓

IMG_1896_convert_20120326171618.jpg
真剣勝負です

IMG_1857_convert_20120326171010.jpg
おいしいぜんざいはいかがですか?

IMG_1893_convert_20120326171447.jpg
はじめての車いすちょっとドキドキ

IMG_1861_convert_20120326171247.jpg
笑顔で「ハイポーズ」

子どもから高齢者まで地域の皆さんがふれあうことの大切さを感じることができたフェスティバルでした (祥)

全5回終了です☆傾聴ボランティア養成講座

吹田市社会福祉協議会ボランティアセンターが、吹田傾聴「ほほえみ」、特別養護老人ホーム「寿楽荘」とともに開催していた「傾聴ボランティア養成講座」
3/16(金)で全5回の講座が無事終了しました
3/9(金)の第4回目は「ほほえみ」の長谷川さんより、傾聴に臨む際の心構えを教わり、
012_convert_20120316172410.jpg
その後実際に「寿楽荘」にご入居されている方々とお話をさせていただきました
長谷川さんが何度もおっしゃられていた傾聴の3つのパスポートをもって、入居者さんの生活の場へお邪魔します
受講生の皆さんは、緊張しながらも「笑顔」「アイコンタクト」「頷き」を心掛け、お話を聞かれていました
自分からいろいろ話してくださる方もいれば、話しかけても反応が返ってこない方もいらっしゃり、「たのしくお話しできた」「困った」など様々な感想が聞かれました
共通していたのは、やはり相手の方がどんな小さなことであっても良い反応を返して下さると嬉しいということでした

さて、3/16(金)、NPO法人ホールファミリーケア協会の理事長である、鈴木絹英先生をお招きしての最終回となりました
まず、鈴木先生から認知症高齢者への対応を学びました
006_convert_20120316172338.jpg

具体的な分かりやすいお話で、認知症の方の世界観の理解につながりました
お話のあとには、お待ちかねのロールプレイ
014_convert_20120316172438.jpg

これまでの講座でスキルを上げてこられた受講生の皆さん、うまく「傾聴」できたでしょうか
最後に鈴木先生より、表情や声のトーンなど非言語コミュニケーションの大切さをお話しいただき、全5回の講座が終了しました
「ほほえみ」のみなさん、「寿楽荘」のみなさん、鈴木先生、ありがとうございました

そして、受講生の皆さんお疲れさまでした
この講座で学んだことをぜひとも今後の活動で活かしていただきたいと思います (琵琶)

梅を愛でながら♪佐井寺地区「管外昼食会」

3/15(木)佐井寺地区福祉委員会管外昼食会にお邪魔してきました
出発時には、小雨の中心配しましたが、現地に着くと青空が迎えてくれました
奈良の月ヶ瀬梅林に行きました
NEC_0200_convert_20120315171049.jpg

3月の半ばだというのに、白梅はまばらでした
地域のみなさんと楽しく、おいしく過ごせ、マイナスイオンをタップリと浴びて帰ってこれました
今日の佐井寺地区の皆様は若返っておられます 
また今回は昼食会の中で、東日本大震災の義援金を募っていただきました
計14823円を当会の善意銀行にご寄付頂きました。被災地の方々にとって大きな励みとなることと思います
佐井寺地区のみなさま、温かい善意を本当ににありがとうございました (す)

春の彩♪山手地区「ふれあい昼食会」

3/15は山手地区「ふれあい昼食会」
会場はいつもの山手地区公民館ですが…
今回はいつもとは会場のレイアウトを変えての「昼食会」です
クロスを引いて、館長さんが摘んでくださった季節のお花を飾ったテーブルで、みんなで一緒に「いただきまーす」
019_convert_20120315155530.jpg
の前に…
今日は山手地区で主任児童委員や福祉委員としてご活躍されている詫間さんのお話を聞かせていただきました
中国の小学校へリコーダーを教えに言っているという詫間さんリコーダー演奏も披露して頂き、美しい音色に皆さん、聞き入られていました
008_convert_20120315155455.jpg

さて、お待ちかねのお昼ご飯
メニューはお寿司弁当に、福祉委員さん手作りの野菜たっぷりお吸い物と彩り豊かな蒸しケーキです
028_convert_20120315165449.jpg

春の季節を感じるお食事に参加者の皆さんも大変喜ばれていました (琵琶)

大正琴と四ツ竹踊りとひなまつりと☆千一地区「いきいきサロン」「子育てサロン」

千一地区福祉委員会では、「いきいきサロン」を月2回、「子育てサロン」を月1回開催しています
「いきいきサロン」は毎月第2.4水曜日に、「子育てサロン」は第2水曜日にあります
どちらも場所は千一集会所、時間は10:30~です
3/14(水)は第2水曜日のため「いききサロン」「子育てサロン」同時開催されました

まずは「子育てサロン」
今回は季節にちなんだひなまつり
福祉委員さんが持って来られた年代物のひな人形を飾って、みんなで楽しくひなあられとカルピスをいただきます
035_convert_20120315155822.jpg
みんなで食べるといつもよりおいしいですね
次回、千一地区「子育てサロン」は4/11(水)10:30~14:00 花見の会です お昼ご飯を食べる方は300円必要です

続いて「いきいきサロン」
こちらは、琴遊会五遊会の方をお招きし、それぞれ大正琴四ツ竹踊りを披露して頂きました
一部の曲では大正琴と四ツ竹踊りのコラボもあり、会場はとても賑やかな雰囲気に包まれました
024_convert_20120315155357.jpg
次回、千一地区「いきいきサロン」は3/28(水)10:30~ です
皆さんお誘いあわせの上ぜひご参加ください (琵琶)

災害に備えて…「災害VCシミュレーション研修」

3/11、東日本大震災より1年が経ち、日本国内外の各地で追悼式等が行われました。
この震災を通して多くの方が、日頃から防災意識を高め災害に備えておくことの大切さを感じられたことと思います
吹田市社協も災害時にはVC(ボランティアセンター)の設置運営を担い、災害支援に臨むことになります。
災害支援活動は社協の役割であることを職員一人ひとりが自覚し、災害の発生時には迅速かつ適切な支援が行えるよう、吹田市社協では平時よりボランティア設置・運営マニュアルの作成や研修の実施などの取り組みを行っています。
3/9(金)には大阪府社協より講師をお招きし内部研修を行いました。
今回の研修は、VCの設置・運営シミュレーション研修。吹田市社協職員に加え、ボランティア連絡会、ボランティアコーディネーターの方々にもご参加いただきました。

由佐常務理事のあいさつに続き、講師の方からVCや研修全体の説明をしていただき…
参加者みんなでVCを立ち上げました
受付班・ニーズ班・マッチング班などなど…各セクションをどのように配置すればスムーズにセンターを運営できるか、みんなで知恵を絞りセンターを立ち上げました。
027_convert_20120312173633.jpg

センターの設置がすんだら、いよいよ運営シミュレーションの開始です
A・Bの2グループに分かれ、まずはAグループがセンタースタッフ役を、Bグループがボランティア役をしました。
各セクションで何をすべきか…限られた短い時間の中ではスッタフ役の中で十分に確認ができず、戸惑う場面も…。
037_convert_20120312180922.jpg

30分のシミュレーションの後、センター運営の振り返りと、次にスタッフ役をするBグループへの引き継ぎを行いました
各セクションからは報告や反省点が伝えられました。
043_convert_20120312173758.jpg

そして、役割交代
今度はBグループがスタッフ役、Aグループがボランティア役になって再度シミュレーションスタート。
BグループはAグループの反省点を踏まえ、セクションの配置を変えるなどの工夫を行いセンターの運営を進めていきました。
実際の災害VCもこのように日々の反省を踏まえて改善を重ね運営されていきます。
今回の研修は、2グループで引き継ぎをし1つのセンターを運営したことで、このことを強く実感できたように思います。
研修後には「問題点が多く出てきたことが良かった」「何度もしているうちに無駄がなくなるのでは」などの感想がありました。

最後に講師の方から総括をしていただき、2時間半に渡る研修が終了しました
062_convert_20120312174138.jpg

講師の方から東日本大震災で被災された方のお話を聞いたボランティアさんのエピソードが紹介されました。
天災による被害はあまりに甚大で支援に携わる人も無力さを感じることがあると思います。
その中でもできることを最大限できるようにするためにも、今後も研修等に力を入れ備えていきたいと思います。(琵琶)

介護職(嘱託職員)、生活支援員(臨時雇用員)募集

①内本町デイサービスセンターでは介護職(嘱託職員)を1名募集します。
年齢が20歳以上で、介護福祉士を有する者。
募集期間は3月16日(金)までに、履歴書、資格を証明するもの(写し)を「吹田市内本町2-2-12 内本町デイサービスセンター」まで提出してください。
問い合わせは、内本町デイサービスセンター奥本まで。電話06-6319-3378

②日常生活自立支援事業生活支援員(臨時雇用員)を1名募集します。
原動機付自転車免許を取得している者。
募集期間は3月16日(金)までに、履歴書を「吹田市出口町19-2 吹田市社協」まで提出してください。
問い合わせは、地域福祉課広田まで。電話06-6339-1205

①②とも、面接、筆記試験、作文にて選考します。
試験日は3月18日(日)9時~12時30分で、吹田市立総合福祉会館で実施します。

地域みんなで♪山二地区「福祉ふれあいカーニバル」

平成24年3月4日(日)、山二公民館にて「福祉ふれあいカーニバル」が開催されました
1看板 (350x263)
当日は、午前中から雨が降り出しあいにくのお天気でしたが、約150名の方が来場されました
2受付 (350x263)
1階の受付で、福祉委員さんがチケットをお渡しします
「いらっしゃーい!」「来たよー♪」と地域のみなさんの声がします

2階にあがると、バザーや、
バザーコーナー (350x263)
輪投げ、
輪なげ (350x263)
バルーンアート、
バルーン (350x263)
コイン落としなど、各コーナーには、たくさんの方が参加され、楽しんでいただきました

ポップコーンも販売格安10円です
ポップ (350x263)
手作りのおにぎりと豚汁の販売もあり、喫茶コーナーは大盛況
P-3輪投げなど (350x263)
壁には、福祉委員会の活動を知ってもらうための展示をしました
広報 (263x350)

1階では、CSWコーナーを作っていただき、CSWの紹介や介護用品の展示をさせていただきました
P-4CSWコーナー (350x263)
また、山二地区福祉委員会で集めていただいたプルトップを善意銀行にご寄附していただきました。ありがとうございましたm(__)m
P-5プルトップ寄付 (350x263)
地域のお住まいの方が、気軽に楽しく集うことのできた「福祉ふれあいカーニバル」でした
山二地区福祉委員会のみなさん、おつかれさまでした(大)

楽しいひなまつり♪吹三地区「ふれあい昼食会」

3月3日土曜日おひな様の日に内本町コミュニティセンターで、吹三地区福祉委員会のふれあい昼食会がありました
FJ310049_convert_20120305163345_20120305164215.jpg
FJ310053_convert_20120305163626.jpg

皆様で楽しくお食事した後、アコーディオンの音色に合わせてみんなで懐かしの歌を唄いました
FJ310055_convert_20120305163900.jpg

楽しいひと時でした (和)

「聴く」を学ぼう☆傾聴ボランティア講座

2/19にスタートした傾聴ボランティア講座は、2/26に2回目・3/2に3回目が開かれました

2回目の講座では特別養護老人ホーム「寿楽荘」岩井施設長が高齢者の心理や認知症の方への接し方についてお話しされました
日々のお仕事での体験をもとにされたお話は、とてもわかりやすく勉強になりました

具体的な事例を挙げたお話に、受講生の方も聞き入られてました
002_convert_20120306125902.jpg

この講座は回数を重ねるごとにより実践的な内容になっていきます
折り返しとなる3回目は、長谷川先生に傾聴のスキルを教わった後に、受講生の皆さんでロールプレイをしていただきました
聞き手・話し手・観察者の3役に分かれ「傾聴」を実践しました
005_convert_20120306130002.jpg

受講生の方からは、「実際やると難しい」「難しいけど楽しかった」「具体的に理解できた」などの声が聞かれました

講座はあと2回、3/9・3/16におこなわれます
次回3/9は受講者の方に、実際に高齢者の方とお話をしていただきます
ほほえみの皆様・寿楽荘の皆様・受講生の皆様よろしくおねがいします (琵琶)

車いすを体験しよう!片山小学校「福祉教育」

3/1(木)片山小学校4年生の皆さんと福祉教育で「車いす体験」をしました
社協のボランティアセンターに登録されているボランティアさん片山地区福祉委員会の方々にもご協力いただき、「車いすに乗って介助してもらう」「車いすに乗ってもらって介助する」の両方の体験をしてもらいました
DSCF1230_convert_20120301134115_20120301134947.jpg

マットの段差を乗り越えたり、コーンの周りをジグザグ進んだり…
初めて車いすを押した児童さんからは「難しい」という声も聞こえてきました
介助してもらった児童さんからは「楽しかった」「楽だった」という意見も…
「それは介助してくれる人が上手にしてくれたからです」と先生が話され、
介助の仕方によって乗り心地が大きく変わってくることを学んでもらえたように思います
実際、車いすで外に出ると段差や舗装がされてない道も多く、周囲の手助けが無くてはならない場面もあります
片山小学校の皆さんが困っている人を見かけたとき、今日の体験を活かして手を差し伸べてくれればとても嬉しいです

片山小学校の皆さん、先生方、お疲れさまでした
ボランティアの皆さん、片山地区の皆さん、ありがとうございました (琵琶)

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

FC2カウンター

ツイッター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

カテゴリ