無題 - コピー

「高齢者などの『集いの場』で、すてきな仲間づくりをしませんか。」

吹田市社協に配置されている広域型生活支援コーディネーターが中心となり、高齢者などの「集いの場」リストを作成しました。
高齢者をはじめとした住民同士が、気軽に集い、いつまでも住み慣れた地域で安心して暮らせる地域づくりを目指して、皆さんに「集いの場」を活用していただくために作成いたしました
「集いの場」リストは、吹田市社協のホームページの新着情報からご覧いただけます。
 また、こちらに掲載されていない情報もあるかと思いますが、定期的に情報の更新をし、情報の充実をしていく予定です。掲載内容についてのご意見、ご質問は広域型生活支援コーディネーターまでご連絡ください
表紙

「集いの場」について語ろう!交流会開催!

2/27(月)吹田市社協で「集いの場」交流会を実施しました
この交流会は、日頃から地域で高齢者の方も気軽に参加できるいきいきサロンなど「集いの場」を運営されている方々に参加いただき、日頃の活動について情報交換や意見交換をしていただきました
計129名の方にお越しいただき、会場は満員に!
IMG_20170227_134127.jpg

IMG_20170227_135054.jpg

第1部は、広域型生活支援コーディネーターの大谷から、集いの場の意義についてお話をさせていただき、その後実践報告として、3団体の方から実際に運営されている集いの場についてご紹介いただきました。

◆いきいきサロン「さくらんぼ」(東地区)
カレーライスやサンドイッチなどの軽食をはじめ、コーヒーや紅茶などが用意され、毎回多くの利用者で賑わっています。幅広い世代の方が参加し、世代交流、地域ふれあいの場として地域に愛されて運営されています

◆「ラジオ体操の会」(豊一地区)
ラジオ体操を通して地域住民同士の交流をされています。毎朝9時から江坂公園でラジオ体操やスマイル体操をし、清掃活動にも取り組まれています。
雨の日も風の日も休まず実施!

◆「楽しんでルーム」(吹三地区)
自分らしく楽しい時間を過ごせるようにと、さまざまなカルチャーやイベント、場所の提供をされています。世代を越えて交流が出来る様に、児童サロンとシニアサロンを同じスペースで実施されています
IMG_20170227_135105.jpg


第2部はグループに分かれての意見交換、情報交換。今の活動のことや、活動の課題、今後の計画、参加者の方の声などさまざまな意見をきかせていただきました

アンケートでは「他の地区の取り組みを知れてよかった。参考になった」「皆さんの熱心さを感じた」と言うお声がたくさんあり、大多数の方から「このような機会をまた設けてほしい」と言うお声をいただきました。

この声をまた次につなげていきたいと思います
ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!

地域包括支援センターとコミュニティソーシャルワーカー(CSW)と生活支援コーディネーターとの意見交換会

10月24日(月)10時~総合福祉会館にて、「地域包括支援センターとCSWと生活支援コーディネーターとの意見交換会」を開催しました。

当日には、15の地域包括支援センターの職員さん、社協CSWを合わせて36名の参加がありました。

吹田市より委託を受けて、広域型生活支援コーディネーターを配置して半年が経過し、社協の広域型生活支援コーディネーターからこれまでの活動報告や今後の計画について、お話をさせていただきました。

IMG_3365 (350x263)

また、CSWよりあらためて、「CSWが取り組む高齢者支援について」というテーマで、CSWの活動や地域包括支援センターと連携・協働した取り組みの紹介をしました。

後半は、生活圏域を範囲とした6ブロックに分かれて、「地域の現状と課題」についてグループワークを行いました。
参加者からは「今日のような話し合いの機会や専門職だけではなく、地域と一緒に話せる機会を作り、皆で地域課題に取り組んでいくことが必要。」と感想をいただきました。
IMG_3368 (350x263)

これから少子高齢化が進む地域において、地域ごとでの助け合い活動の充実を図っていくことが期待されています。
「地域づくり」を住民まかせにすることなく、住民の方と一緒に、行政・地域包括支援センター・社協・関係機関が連携し、地域課題の解決に向け、取り組んでいきます



「吹田市の社会資源について、生活支援コーディネーターに聴こう!」

 平成28年9月13日(火) 大阪介護支援専門員協会吹田支部さん主催の研修で、吹田市社協の広域型生活支援コーディネーターが講師役をつとめさせていただきました

会員を対象としたスタートアップ研修として、超高齢社会、人口減少に伴う社会的な背景の変化についてや、この4月から配置をされた生活支援コーディネーターの役割、吹田市内のさまざまな社会資源(地域福祉活動)の紹介をしました。

参加者からは、「あらためてインフォーマルな資源を活用する視点をもち、高齢者の介護予防の推進や地域の資源開発にも協力していきたい。」と感想をいただきました。

広域型生活支援コーディネーターは、これからも地域の皆さんや専門職の皆さんと連携し、高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らせる地域づくりをすすめていきます

1473793911281 (350x197)

1473793899074 (350x197)

広域型生活支援コーディネーターの配置は、全市域を対象とした高齢者の生活支援・介護予防の基盤整備を推進していくことを目的とし、地域において、生活支援・介護予防体制の構築に向けた資源開発とネットワーク構築が主な役割となっています

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

FC2カウンター

ツイッター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

カテゴリ