FC2ブログ
無題 - コピー

地域と大学が一緒になって♪「山手地区つながり瓦版」

以前のブログでもご紹介しましたが、福祉委員会活動の自粛が続く中で、山手地区福祉委員会では、大和大学の学生さんや先生と一緒に、地域の高齢者と大学がつながり合える取り組みを検討してきました。
オンラインでの会議を重ねながら、作成を進めているのが「山手地区つながり瓦版」
学生さんが中心になり山手地区の高齢者のために作成してくれました

第1回目の瓦版には、作成に至った想いや、学生さんからの手書きのメッセージが載せられています
実際にお届けされる際はカラー印刷される予定です
20200615_125604.jpg
また、今回、この取り組みに参加している学生の皆さんは、作業療法士になるための勉強をされており、日頃の勉強の知識を生かして、健康お役立ち情報も載せています

6/12(金)に行われたオンライン会議では、原稿の最終チェックを行いました
完成した瓦版は、今後、大学と地区福祉委員会が分担して印刷や返信用封筒の準備を行い、福祉委員や民生委員の皆さんを通じて、対象の高齢者の方に配られます

瓦版を作ってくれた学生さんは
「多くの人に向けての手紙を書くことは初めてで、どんなことを書こうか悩んだ。喜んでもらえたら嬉しい」
「難しく感じる部分もあったけれど、自分にとってもとてもいい経験になった」

と言う感想を、話されていました

届くのが楽しみですね
皆さんお疲れさまでした



片山地区福祉委員会運営委員会・役員会

片山地区では6月3日、久々に福祉委員会の運営委員会・役員会が開催されました!
新型コロナウイルスの影響で、毎月行っている会議を中止していましたが、
会場の公民館が条件付きで使えるようになり、4カ月ぶりの開催となりました。

会場の使用ルールを守って、来館した方から順番に体温とマスクのチェックをし、
人と人との距離を保つため、イスは間隔をあけて配置されていました

1部屋では全員入りきらないため、2部屋に分かれて会議をスタート
20200603_193212610.jpg

パソコンのカメラで会議の様子を撮影し、隣の部屋でも同時に見られるようにと、
さまざまな工夫をしながらの会議でした

総会も中止となったため、今年度初の福祉委員同士の顔合わせの場となり、和やかに自己紹介が行われました
また、サロン活動等が自粛される中で取り組んでいる、見守り電話訪問の報告もされ、4月21日~5月22日の間にのべ374件の電話訪問を実施されたことが伝えられていました

今後も、今できることを考えてやっていこう!と言う気持ちを皆さんで共有された会議でした

皆さん、感染防止対策をしながらの会議、お疲れさまでした!

つながりを大切に!山手地区福祉委員会の取り組み

新型コロナウイルスでの外出自粛を受けて、地区福祉委員会が力を入れて取り組んでいる、
電話や手紙を通しての見守り活動
山手地区福祉委員会では民生児童委員の協力を得て、電話訪問を実施しています。
福祉委員会と民生委員の皆さんが力を合わせて、地区内の高齢者の方に
電話をされています
高齢者の方からは「お話ができてうれしい」「また集まれるのを楽しみにしている」などのお声がありました


また、山手地区では、以前から福祉委員会とつながりのある大和大学の学生さんや先生と、
この状況の中で地域の高齢者と大学がつながれる取り組みができないか、と検討を始めました



5/27にはオンラインで話し合いを実施
具体的な取組み内容について意見交換をしました
20200527_162211.jpg

新しい生活様式を意識しながら、地域がつながる取り組みを、引続き進めていきます!




つながりを大切に♪片山地区福祉委員会の電話訪問


先日のブログでご紹介したように、吹田市内の地区福祉委員会では、コロナウイルスの影響で活動の自粛が続く中、昼食会やサロン活動など、日ごろから顔を合わせている参加者へ、電話や手紙を通じて安否の確認を兼ねた見守り活動に取り組んでいます。今回は片山地区の取り組みを紹介します

片山地区福祉委員会では、民生児童委員の皆さんと連携し、ふれあい昼食会の参加対象者や高齢世帯に電話訪問を実施。5月6日までに349件のお電話をされています

お電話では、対象の高齢者の方から、このような状況や自身の体調対する不安の声が聞かれました
一方で、「意識して近所で運動をしています」「今までの生活リズムを崩さないように心がけてるの!」と言う、元気なお声も聞くことができました

また電話をかけてきてくれた委員さんに「ご苦労様」「電話でお話ができて安心した」とねぎらいや喜びを伝えてくださる高齢者の方もいました

緊急非常事態宣言が続く中で、“会わなくてもつながる“方法を考え、工夫しながら活動に取り組まれています

引き続き、吹田市社会福祉協議会は、地区福祉委員会とともにつながり続ける支援に取り組みます



第6回「山手地区のこれからを考える交流会」開催!

2月15日(土)「山手地区のこれからを考える交流会」を開催しました。
この交流会は「山手地区コア会議(山手地区内の地域団体や、福祉施設、大学等が集い意見交換する場)」のメンバーが企画し、今回で第5回目を迎えました。

今回はこれまでにもご参加いただいた山手地区内の自治会、福祉委員会、福祉施設、大和大学の皆さんに加え、新たに山手小学校の校長先生とPTA会長にも参加を呼びかけ、ご参加いただくことができました
テーマは前回に続いて「地域での支え合いについて~災害時の経験を生かして~」

コア会議の代表である佐竹福祉委員長より開会のあいさつにはじまり、
続いて、コア会議のメンバーである高寿園(特別養護老人ホーム)の小川さんから、コア会議の活動紹介がありました。

その後、「地域での支え合い」をテーマについて、意見交換を行いました。

まずは一人ひとり、ポストイットに意見を記入

皆さん真剣に考え中です
20200215_162531941.jpg

そしてグループで意見共有
どのグループも、とても活発に意見交換がされお互いの話を興味津々に聞いている姿が見られました
20200215_164328090.jpg

20200215_164230223.jpg

20200215_164350543.jpg

各グループの発表では
・支え合いとは何かをグループで一緒に考えました
・隣人のつながりが大切
・パパさん交流会のようなものがあれば!
・ちょっとできない事に手を差し伸べる支援があればいいと思う
・コミュニケーションや笑顔を心がけることが大切
・小学生の登下校見守りの時に挨拶をして顔見知りを増やしている

等の意見がでていました
20200215_171106908.jpg

発表後には大和大学の菅沼先生に意見交換の総括をして頂き、
このような交流の機会を持てることが非常に有意義なことであり、
地域のつながりを深めていく。グループの意見でも出ていた継続は力なり!と言う言葉を実践していきたい、
などの感想をいただきました。
20200215_174144247.jpg

最後に、コア会議のメンバー、松本連合会長のあいさつで無事に閉会となりました
今回も、改めて地域のつながりや支え合いの大切さを共有する、貴重な機会となりました
ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!

「すいこれin第二中学校」

令和2年2月6日、吹田市立第二中学校1年生と、すいこれin第二中学校を実施しました
「すいこれ」とは「すいたのこれからを考える」の略称であり
「吹田のまちがこんな風になればいいな」ということを考える場です!!

20200206_090203990.jpg
第二中学校では、
福祉教育でアイマスク体験と車いす体験を実施しており、また、外部の方をお招きし盲導犬についてのお話しや、地域の福祉に関することをまとめた岸部新聞を作成したりと、活発に取り組んでおられます。

20200206_090331164.jpg
また今回、このすいこれを実施するにあたり
岸部地区の福祉委員さんにもご協力いただき
地区福祉委員会で取り組んでいるサロン活動の紹介の話もしていただきました
20200206_093159433.jpg

グループに分かれて意見交換
今回は「こんな二中校区になればいいな」
そのために「自分でできること」「大人に期待すること」を話しあってもらいました。
20200206_093014622.jpg

「こんな二中校区になればいいな」の意見として
「大人・子ども関係なく、仲がいい社会」
「皆が幸せ・安全な暮らしができる二中校区」等々

「自分でできること」では
「あいさつ」「困っている人がいたら助ける」「ゴミ拾い」

「大人に期待すること」では
「暗い道に街灯を増やす」「幅広い世代で交流できる企画を立てて下さい」
「ゴミ箱を置いてほしい」
等々、中学生目線での様々な意見が飛び交い、感心するような意見も聞くことができました。
20200206_093912035.jpg

参加された福祉委員さんからも
「今日の生徒の意見を、他の委員さんにも話してみます」
「子どもたちの様々な意見を聞くことができ、良い交流ができました」
と、生徒と福祉委員さんにとっても有意義な時間になったかと思います

20200206_093338193.jpg
今回の授業をきっかけに
身の周りの福祉について考えるきっかけとなり、福祉マインドを養うことで、自分たちにできることを考える良い機会となったのではないでしょうか。
参加された岸部地区福祉委員のみなさん、第二中学校のみなさん、ありがとうございました

山手地区コア会議の活動を紹介します!~福祉授業~

山手地区では毎月「山手地区コア会議(山手地区内の地域団体や、福祉施設、大学等が集い意見交換する場)」を開催し、参加メンバー同士が地域の課題や自分たちに取り組めることについて話し合いをしています。
その山手地区コア会議が行っている活動の1つに小学生への福祉教育があります

昨年度に引き続き、今年度も山手小学校の4年生の子どもたちを対象に、「高齢者について知ろう!」をテーマに授業を行いました。
当日は山手地区コア会議のメンバー以外に、地区のふれあい昼食会に参加している高齢者の方や福祉委員の皆さんにも協力していただきました
20200124_144615663.jpg

まずは、高齢者の特徴についてお話を聞いてもらいました。
目が見えにくくなったり、耳が聞こえにくくなったり、ひざが痛くなったり…
不便なこともありますが、経験豊富でたくさんのことを知っている高齢者の皆さん
20200124_144718126.jpg
子どもも高齢者もお互いを思いやることで、みんなが生活しやすい山手地区をつくっていこうとお話をしました

次に、「認知症で道に迷っている高齢者の方に出会ったらどうする?!」と言うテーマで、グループに分かれて考えてもらいました。
ご協力いただいた高齢者の方にも一緒にグループに入ってもらい、意見を出し合いました。
20200124_150743697.jpg
「違うよと教えてあげる」「一緒におうちに帰る」
など、たくさんの意見が出ていました

最後に、高齢者の皆さんに子どもたちから質問をしました。
「年を取って困ったことはありますか」と言う質問には、
「膝が痛くなって階段の登り下りがしんどくなりました。外でゆっくり階段を登っているお年寄りがいたら急がせないで、見守って下さいね」と言うお返事がありました
20200124_152144771.jpg

そして、もう一つ子どもたちへのお願いが…
「せっかくここで出会えたので、これから町で出会ったらぜひ元気にあいさつして下さいね」

後日、協力していただいた福祉委員の方から「授業であった子どもが早速あいさつしてくれたよ」と嬉しい報告をいただきました
これからも、山手地区コア会議では地域のつながりをつくる活動をしていきたいと思います

山三地区の子育てサロンにおじゃましました!

片山地区福祉委員会は毎年、他地区の活動を参考にするために見学研修会を行っています。
今年度は、山三地区の「ワクワク子育てサロン」におじゃましました

歌あそび手あそびに、お正月あそび、節分の鬼退治に、誕生日のお祝い、みんなで体操などなど
充実したサロンの内容に、片山地区の皆さんもビックリ
20200116_101212581.jpg

20200116_104259137.jpg

今回は見るだけでなく、山三地区の皆さんと一緒になって、参加者との交流を楽しませてもらいました

20200116_103614080.jpg

20200116_102324953.jpg
ペープサートにも一緒に出演

20200116_101158519.jpg

20200116_100957991.jpg
サロンの内容だけでなく、参加者の受付や名簿の管理の仕方なども情報交換できました


サロン終了後は、見学の感想を話し合い、
「山三地区のスタッフの皆さんがとても楽しんで運営されている姿がとてもよかったです!」
と言う意見が片山地区の皆さんから挙がっていました
山三地区の皆さんが片山の福祉委員さんに質問される場面もあり、「今度は片山に見学に行かせてね!」とお話が弾んでいました
今回も見学を通じて、活動の情報交換もできお互いにとって有意義な時間となりました。


山三地区福祉委員会の皆さん、見学させていただき、ありがとうございました!

山手地区福祉委員会 いきいきサロン

12月8日(日)山手地区福祉委員会の活動!

今回の山手地区福祉委員会のいきいきサロンでは
関西大学生を交えたおもちつき
新しい公民館では初めての開催です

20191208_1023238951.jpg

20191208_1023023632.jpg
学生が一生懸命おもちをつきます。
もっと腰を入れて、声を出さなあかんで
地域の方の声も飛び交います!!

20191208_1118414624.jpg

20191208_1139187425.jpg
女性陣はついたおもちを丸めます
学生も一緒に混ざりながら丸めます

20191208_1114466343.jpg
ついたおもちは
ぜんざいやよもぎもち、大根おろしやきなこ、しょう油につけて
おいしくいただきました

20191208_1242596087.jpg
いきいきサロンに参加されたみなさん
一生懸命おもちをついてくれた関西大学の学生のみなさん
朝早くから準備をして下さった福祉委員のみなさん
お疲れ様でした。
同じ地域に暮らす住民同士の交流になりました

寒い日が続きますが
体調には気をつけてお過ごしください

千一地区福祉委員会 昼食会

12月1日(日)千一地区福祉委員会主催
ひとり暮らし高齢者を対象とした昼食会が開催されました
普段は4か所に分かれて実施している昼食会ですが
今回はコミュニティセンターで行われました

DSC_0409 2
なんと今回は朝早くからおもちつき!
元気な声とともに、愛情こもったお餅を作ります

20191201_110952959 1
そしていよいよ昼食会のはじまり♪
90名を超える地域の参加者

DSC_0411 3
昼食のメニューには
お寿司とともに朝から丹精込めてつくりあげたお餅を使用した
お雑煮が作られました♪

20191201_123927713 4

20191201_124726288 5
食後には恒例のビンゴ大会
みなさんの笑顔とともに素敵なプレゼントがみなさんに行き届きました

20191201_125711615 6
終始盛り上がりをみせた昼食会。
これから本格的に寒くなってきますが
次回の年明けの昼食会で
みなさんの元気な姿を見れるのを楽しみにしています

朝早くから準備をして下さった
福祉委員会のみなさまお疲れ様でした

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

FC2カウンター

ツイッター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

カテゴリ