FC2ブログ
無題 - コピー

第2回かたやまこどもバル(昼食会)開催!

昨年度に引き続き、片山地区福祉委員会主催にて、「かたやまこどもバル(昼食会)」を開催しました。
対象者は小学生、幼児(保護者同伴)です。


孤食(子ども達が一人で食事をする)を減らす事をねらいとし、
「お友だちや大人に囲まれ、食事を楽しむ機会を増やし、人と人のつながりを作るお手伝い」として取り組んでいます。


昼食会のメニューは福祉委員さんの手作りカレーとラムネ寒天!

P1_201807251738155e8.jpg

P2.jpg

カレーを食べて元気になった後は、
しおり作り、
フェイスペイント、
防災折り紙(スリッパ作り)、
きらら塗り絵をみんなで体験!
当日は大和大学の学生がボランティアとしてお手伝いくださいました!

P3.jpg

P3-1.jpg

P3-2_2018072517431111b.jpg

全て体験した子どもたちには、
お楽しみガチャ!

P4.jpg

P5.jpg

景品のお菓子を手に笑顔が溢れた素敵な空間でした!

おまけ
吹田市社協イメージキャラクターの「きらら」塗り絵で小学生が作ってくれた作品を紹介!

P6.jpg

なんと、きららの顔が「すいか」になっています!
夏を感じる素敵な作品ですね!

おひざで絵本~山手地区子育てサロン~

6月4日に山手地区福祉委員会の子育てサロンがありました。

まずは片山保育園の先生から親子ふれあい遊びです。

1_20180604161547d20.jpg

今日は、「おひざで絵本」ということで、親子で絵本を読む時間をたくさんとりました
おうちにはない絵本を読むことができ、みなさん集中しています。

2_20180604161548bc8.jpg

親子の絵本タイムが終わった後は、福祉委員さんからお母さんに向けて絵本に関するお話しがありました。

3_20180604161550a01.jpg

福祉委員さんからは、「どんな時間も親子の大事な時間ですよ。子育てはあっという間なので、楽しんでくださいね。」とのエールもありました。

季節のお歌を千里山やまて学園の先生の伴奏で歌いました。

お天気も良く、みなさん楽しく遊んでいただきました。

次回は7月2日(月)9:45~ 総合福祉会館5階 大広間にて
「七夕飾り🎋を作ろう」です。
ぜひ、ご参加ください!

山手地区福祉委員会から「きらら」が届きました

山手地区福祉委員会の「いきいき声かけサロン」より、寄贈いただきました!!

IMG_3032.jpg

「いきいき声かけサロン」のメンバーと福祉委員さんで作成されました。

よ~く見ると、

IMG_1838.jpg

全て折り鶴でできています!!


山手地区福祉委員会「いきいき声かけサロン」のみなさま、ありがとうございました!

いろいろな場面でお出かけして活躍するので、ぜひ「きらら」に会いに来てね!

IMG_3034.jpg

IMG_3037.jpg

千一地区福祉委員会 いきいきサロン

今年度は最後となる千一地区福祉委員会のいきいきサロン。ボランティアグループ「朗読工房」さんにお越しいただきました。

①

③

朗読工房おはなし隊による紙芝居や大型絵本は会場の皆さんを物語の中に引き込ませる読み語りです

時には一緒に歌い、手拍子や体操で体を動かしながら楽しみました

②

たっぷり物語の世界を楽しんだ後には、お茶をしながらおしゃべりタイムです。
少しずつ温かくなり、会話も弾みます

千一地区福祉委員会では、月2回いきいきサロンを実施しており、
次回は4月11日(水)10:30~
千一コミュニティセンターにて開催です。
(参加希望などのお問い合わせは吹田市社協まで)

片山地区福祉委員会がブログを開設しました!

片山地区の様々な取り組みが掲載されていますので、ぜひご覧ください!

URL ➡ http://katayamachikuhukushi.blog.fc2.com/

katayama.jpg

より身近な場所で楽しく昼食会

千一地区福祉委員会では10月にひとり暮らし高齢者の昼食会を実施しました。

いつもは千一地区コミュニティセンターで実施しますが、今年度初めての試みで、地区内にある自治会館を活用して、全4か所で実施しました


当日は小雨が降る中でしたが、各会場は多くの参加があり、にぎやかに始まりました

P1100286.jpg

体操やクイズで体や頭を使った後にお昼ご飯を食べました

趣味の話や生活している中で困っていることの話など、話題は尽きません。

自治会長もご参加いただいているので、日常生活で困っていることなど一緒に聞き、考えてくださいます。
中には初めて自治会館に来られた方もあり、地域を改めて知る機会にもなりました。

P1100294.jpg

次の昼食会は12月にもちつき昼食会を実施します。
次回もぜひご参加ください。

親子でお団子づくり

山手地区福祉委員会主催の子育てサロンでは、
毎年9月に恒例行事のお団子づくりが行われます。
とても人気の行事で、今年も昨年同様、たくさんの参加者でにぎわっていました。

絹ごし豆腐と白玉粉を混ぜ合わせ、耳たぶぐらいの柔らかになるまでこねたら、
子ども達が丸めて、お団子の形にします。

写真①

みんなが丸めてくれたお団子を、福祉委員さんが調理室で調理し、お団子が完成。

写真②

お団子を食べながら、自然と笑顔があふれていました。

写真③


【補足】
当日ご参加いただいた方より、お団子のレシピを教えてほしいとご要望がありましたので、掲載します。

○白玉だんごの材料
白玉粉100グラム(当日は団子粉を使用)
  絹ごし豆腐1/2丁
※味付けにきな粉と砂糖を適量
       
○作り方
  ①白玉粉(団子粉)と絹ごし豆腐を、耳たぶくらいのかたさにこねる。
  ②一口大に丸める。丸めたら中心部をへこませる。
  ③沸騰したお湯でゆでる。団子が浮いてきたらすくいあげて、水にはなす。
  ④団子がさめたら、きな粉と砂糖をあわせてまぶし、完成!


ぜひ、ご家庭でもお子さんと一緒に作ってみてくださいね。

片山地区福祉委員会 東山田地区の子育てサロンへ

片山地区福祉委員会は毎年、他地区の活動を参考にするため見学をされています。
今年度は、東山田地区の子育てサロン「ぷーさん」と「ぷちぷーさん」の見学です。

午前中は年齢も大きめの子どもさん(1歳から)が来られ、シール貼や絵本の読み聞かせを集中して楽しんでいる時間でした。
DSC_2515写真① (300x169)

午後からは、1歳までのお子さんを連れたお母さんたちが参加されます。
今日はあいにくの雨模様でしたが、お母さんに抱っこされて参加されていました。
歯科衛生士さんのお話しをお母さんたちも真剣に聞き入っておられ、その後は個別に子どもの歯のことなど相談されていました。
DSC_2520写真② (300x169)


午前午後ともに片山地区福祉委員さんたちも積極的に参加者に声をかけられたり、東山田地区福祉委員さんたちに質問されたりしていました。
お昼休みにはお互いの子育てサロンの情報の交換などもされました。

東山田地区の福祉委員さんからは、一緒におやつを食べる事で、お母さん同士が打ち解けるきっかけになればと思っておられることや、おやつも市販のスナック菓子ではなく、新鮮な季節のフルーツを準備していることなど聞くことができました。
毎月お誕生日カードもあり、今年は「きりんの親子」のクラフトのカードです。
子どもさんも名前を呼ばれてカードをもらえることをとても楽しみにされていました。
DSC_2505写真③ (300x169)

今回も見学を通じて、お互いの活動の情報交換をする機会にもなり、双方にとって、とても有意義な時間となりました。
東山田地区福祉委員会の皆様、見学させて頂きましてありがとうございました。

片山地区のこれからを考える交流会

1月25日(水)午後7時30分~片山地区のこれからを考える交流会を片山地区福祉委員会、片山・岸部ブロック介護者支援の会との共催にて開催しました。
当日は片山地区福祉委員会、自治会、民生・児童委員会、関係団体の方々など、38名にご参加いただき、住民と施設が一緒になって片山地区のこれからのことを考えました。

交流会の前に、吹田市社会福祉協議会 広域型生活支援コーディネーターより、高齢社会が想定されるこれからのことについての説明を、皆さん熱心に聞いておられました。

交流会は2つのテーマの中から、それぞれグループでテーマを選択していただき、交流会を行いました。
1つ目のテーマは「もしも介護者になったら・・、介護を受ける側になったら・・。」
テーブルでは、「実際に当事者になったら何から始めたらいいのか、どうしたらよいかわからない。どこに相談したらよいかがわからない。」といった意見や、「介護サービスのことをもっと知りたい。」などの意見が出されていました。

2つ目のテーマは「地域で安心して暮らすために」です。
「お隣とのお付き合いをよくする。」といった意見や、「若者との交流や幼児、児童と高齢者の交流の場を増やす。」「気軽に立ち寄れる集いの場や、夜間でも相談できる所があれば。」などの意見が出されていました。

P1250006.jpg


各グループより、話し合った内容を発表していただき、みなさんで意見を共有しました。

P1250022.jpg


当日は、たくさんのみなさまにご参加いただきありがとうございました。
参加者のみなさまからは、「いろいろな意見を聞くことができて良かった。」「このような交流会を今後も開催してほしい。」「もっと意見交換をしたい。」といったご意見もたくさんいただきました。
これからについて一緒に考えていきましょう!

山手地区のこれからを考える交流会

10月19日(水)午後7時~山手地区のこれからを考える交流会を片山・岸部ブロック介護者支援の会との共催にて開催しました。
当日は山手地区福祉委員会、自治会、民生・児童委員会、山手地区コア会議の方々など、43名にご参加いただき、住民と施設が一緒になって山手地区のこれからのことを考えました。

交流会の前に、吹田市社会福祉協議会 広域型生活支援コーディネーターより、
「住みなれた地域で安心して暮らすために」について説明しました。
写真①
現在以上の高齢社会が想定されることについて、皆さん熱心に聞いておられました。

今回2つのテーマについて、それぞれグループに分かれ、交流会を行いました。
1つ目のテーマは「もしも介護者になったら・・・、介護を受ける側になったら・・・。」について。
写真②
実際に当事者になったらとても不安、どうしたらよいかわからない。といった意見や、介護サービスのことや相談窓口がよくわからないといった意見が交わされていました。

2つ目のテーマは「山手地区でどんな事に困っているか。どんな仕組みがあればいいか。」について。
写真③
山手地区で実際に活動されている方の想いや,住んでいて感じる環境面のことについて,意見が交わされていました。

参加者のみなさまからは、「このような交流会を今後も開催してほしい。」「もっと意見交換をしたい。」といったご意見もたくさんいただきました。
当日は、たくさんのみなさまにご参加いただきありがとうございました。
みなさまでこれからについて一緒に考えていきましょう!

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

FC2カウンター

ツイッター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

カテゴリ