FC2ブログ
無題 - コピー

片山地区 街頭募金!

10月1日(火)より始まった「赤い羽根共同募金」
10月5日(土)には、JR吹田駅北口で片山地区福祉委員会片山子ども会育成連合協議会との合同で、赤い羽根共同募金の街頭募金活動が実施されました
DSCN0802.jpg

DSCN0807.jpg
こどもたちがはっぴを着て募金活動します

DSCN0803.jpg

DSCN0813.jpg
「赤い羽根共同募金よろしくお願いしまーす」
大きく元気なこどもたちの声に、足を止めて募金に協力してくださいました!

DSCN0811.jpg

DSCN0815.jpg
こどももマイクを使って
赤い羽根共同募金の説明をしています。
実は、街頭募金活動前に福祉委員より
共同募金の目的や使い道を事前学習しています

片山地区福祉委員会、片山子ども会育成連合協議会のみなさん
そして募金をしてくださったみなさん
本当にありがとうございました

赤い羽根共同募金は
地域福祉活動を支える大切な募金運動です!
募金運動は12月25日まで行われますので
今後も、ご理解とご協力をよろしくお願い致します!

~片山地区福祉委員会 子育てサロン~

 9月18日(水)朝日が丘児童センターで
片山地区福祉委員会の子育てサロンが開催されました

 今月のテーマは親子で防災ということで
吹田市の危機管理室の方をお招きし、ミニ防災講座が開催されました

DSC_0199 1
 災害時にどう行動すればいいのか、食料の準備だけでなく、お住まいの避難所はどこにあるのか、市からの情報を把握しておくことが大切だとお話しがありました


 また、この日は片山地区の「ふくしサロン」が同センターの公民館で開催されており、
子育てサロンに参加されたお母さん達も参加されていました

DSC_0203 2
 ポップコーンとコーヒーや紅茶等の飲み物が振る舞われていました♪

 次回の「子育てサロン」は
10月21日(月)の予定です

カレー昼食会開催! 片山地区福祉委員会

片山地区福祉委員会では、ひとり暮らし高齢者を対象とした昼食会以外にも、65歳以上の方ならどなたでもご参加いただける昼食会、通称「カレー昼食会」を開催しています。

2_2019091112582669d.jpg
9月8日に行われた昼食会でも、福祉委員さん手づくりの美味しい夏野菜カレーが振る舞われました

この日は、大和大学の学生の参加もあり、みんなで美味しく食事をいただきました
1_201909111258257b2.jpg

「学生さんと話せてうれしいわ」「ここで知り合った人とお友だちになったの」

参加者の皆さん、お食事と一緒に交流も楽しまれていました

また次回も元気にお会いしましょう!

暑さに負けずにいきいき元気! 片山岸部ブロックいきいきサロン」

少しずつ暑さが和らいできましたが、まだまだ日中は暑い日が続いていますね
8月の夏真っ盛りの時期でも、元気に地区福祉委員会の活動が行われていました
今回は片山岸部ブロックで8月に行われた「いきいきサロン」を紹介します。



◆千一地区福祉委員会 いきいきサロン◆
8月28日(水)に千一地区で行われたサロンでは、片山地域包括支援センターの職員さんによる出前講座が行われました。
熱中症等この時期に気を付けたい、健康ポイントを教えていただきました。
20190828_104432040.jpg

「この間熱中症になったの!」と言う参加者もいて、大変勉強になりました

健康体操も教わり、みんなでやってみました。
20190828_111407931.jpg
「これで5歳は若返ったかな~」とみんなで、楽しみながらの体操の時間でした




◆山手地区福祉委員会 いきいき声かけサロン◆
8月29日(木)に山手地区で行われたサロンは、なんと朝からの3部構成!
午前中は、公民館の文化祭に出す作品作り。
お昼ご飯をみんなで食べた後は、午後から「ボッチャ」と言うパラリンピック種目にもなっている、スポーツを楽しみました
(こちらの「ボッチャ」の道具は、吹田市社協が地区福祉委員会等を対象に貸し出しをしています)



20190829_133900.jpg

逆転に次ぐ逆転の好ゲームとなり、大変盛り上がりました
そして、午後の後半は、近くの片山保育園の園児さんが遊びに来てくれました
一緒にダンスを踊ったりゲームをしたりと、とても楽しい世代間交流の時間となりました

新たにスタート! 千一地区障がい者交流

千一地区福祉委員会では、今年度、これまで行ってきた障がい者交流事業を見直し、
新たな形で取り組みをスタートしました!

同じ地区内で障がい者の居場所づくりに取り組まれている「ゆずりは」の方と一緒に、「ゆずりは」の活動に参加している皆さんと福祉委員会との交流事業を行いました。

20190825_103722953.jpg
今回の内容は、みんなで料理を作って食べよう!
メニューは冷やし中華、ゼリー、ドーナツ
料理が得意な人もそうでない人も、みんなでワイワイ楽しく作りました
彩り豊かな食事が完成
1_20190826120340178.jpg
みんなで一緒に作った料理は味も格別です
20190825_112405181.jpg

食事の後はレクリエーションも楽しみました
20190825_122338346.jpg
パラリンピックの種目にもなっているボッチャ
始めはボールのコントロールがうまくいかない方もいましたが、何度か投げているうちに段々コツがつかめてきました。

その他にも一緒に春駒(盆踊り)やマイムマイムを踊ったりと、笑い声の絶えない楽しい時間となり、参加者の方からは「ぜひまた交流したい」と言うお声をたくさんいただきました。

また次回の開催を楽しみにしています!

☆お知らせ☆
吹田市社協の善意銀行では、ボッチャをはじめニュースポーツ(年齢者障がいの有無に関わらず、誰でも楽しめるスポーツ)など
レクリエーション用品の貸し出しをしています。
今回使用したボッチャも善意銀行の貸し出し備品です。
貸し出ししている備品は
ボッチャ、スカイクロスミニ、ディスコン、防災カルタの4点です。
貸し出し対象は
地区福祉委員会、吹田市社協組織構成会員、ボランティアセンター登録グループなど
です。
ぜひご活用ください!


懐かしいひと時を♪千一地区いきいきサロン

7月24日(水)に行われた千一地区福祉委員会いきいきサロンでは、
あやとりやおじゃみなど、懐かしい遊びを楽しみました!
「少年少女時代を思い出しながらやって下さいねー」
と言う福祉委員さんの声掛けに、皆さん笑いながら手を動かし楽しまれていました
20190724_105149121.jpg

ちなみに、サロンが始まる前には、福祉委員さんがYouTubeの動画を
見ながらあやとりの予行演習をされていました
20190724_102508843.jpg

こちらのいきいきサロンでは、来た時に血圧の測定もされています。
「今日はいい数値ね!」
20190724_101721333.jpg
健康チェックもしながら、楽しい時間を過ごされていました

暑さが厳しい時期になって来ましたが
次回も元気にお会いしましょう!

オカリナの演奏を聞きながら 山手地区福祉委員会 ふれあい昼食会

山手地区福祉委員会では昼食会を年に6回実施しています
どの会でも福祉委員さんの美味しい手作り料理がふるまわれ、参加者の皆さんはとても楽しみにされています
7月20日(土)に行われた昼食会では、お食事の前にオカリナ演奏を楽しみ
20190720_115344636.jpg

季節を感じるお食事を美味しくいただきました

20190720_122703.jpg

20190720_122355956.jpg
佐竹福祉委員長のあいさつでは、こうした場に出てくることや困った時には周りに遠慮せずに伝えることの大切さについてお話されました。

次回もまた元気にお会いできればと思います!

かたやま こどもバル 開催!

7月21日(日)片山地区福祉委員会主催の「かたやま こどもバル(昼食会)」が開催されました

この取り組みは、地域の子どもが食を通して、お友達や地域の方に囲まれながら、人と人のつながりを作るきっかけとして行われています
こども2縮小

本日もたくさんのこどもたちが参加され
こども4縮小☆

大和大学の学生ボランティアのお手伝いをいただきながら
折り紙や塗り絵シール作りに熱心に取り組んでいました!
こども3縮小☆

最後は塗り絵をホワイトボードに貼らせていただきました!
こども1縮小

なんと「きらら」が塗り絵になっており
いろんなたくさんの「きらら」が出来上がりました

これから夏本番となってきますが
暑さに負けず、がんばっていきましょう!

~山手・片山・千一・岸部地区合同意見交換会~  開催!

令和元年7月9日、岸部市民センターにて
山手・片山・千一・岸部地区合同 すいこれカフェ ~吹田のこれからを考える交流会~
が開催されました!

吹田市社会福祉協議会では、今年度第3次地域福祉活動計画の最終年度を迎え、第4次地域福祉活動計画の策定に向けて取り組んでいます。この活動計画とは、地域住民・関係施設や団体と連携し、地域福祉を推進するための中期計画として策定しています。

そして今回初めての試みとして、従来は地区毎に懇談会を実施していましたが、ブロック単位で実施しました。

写真①


各地区の委員長から福祉委員、この片山・岸部ブロックにある施設連絡会加盟施設にも参加していただいています。
また、オブザーバーとして吹田市役所の福祉総務課の職員も今回参加されました。

写真③


主な話し合いのテーマとして
・第3次計画の5年間での各地区福祉委員会における主な活動について
・活動上の課題や地域課題について
・今後5年間での目標や抱負、社会福祉協議会に期待すること等

について話し合いをしました。

写真②


どのグループも熱心に意見討論がなされており、他地区の取り組みも学びながら交流を深めることができたのではないでしょうか。
吹田市社協の5か年計画策定だけではなく、ぜひ、今回で得た情報や学びを、各地区の5か年計画策定に反映していただけたらと思います。
みなさま、お忙しい中お集まりいただきありがとうございました!
今後も4次計画策定に向けて、ブロック毎の懇談会を進めていく予定です。

 山手地区のこれからを考える交流会 開催!!

6月29日(土)「山手地区のこれからを考える交流会」を開催しました。
この交流会は「山手地区コア会議(山手地区内の地域団体や、福祉施設、大学等が集い意見交換する場)」のメンバーが企画し、今回で第4回目を迎えました。
今回のテーマは「地域での支え合いについて~災害時の経験を生かして~」

コア会議の代表である佐竹福祉委員長の開会のあいさつでは、昨年度吹田も被害を受けた大阪北部地震や台風21号接近の時の経験も踏まえながら、「災害時にも生きてくる日頃からの支え合い」について、
この交流会で一緒に考えていきたい旨が伝えられました。
DSCN2652.jpg

そして、コア会議のメンバーである高寿園(特別養護老人ホーム)の小川さんから、コア会議の活動紹介がありました。

その後、意見交換のテーマについて、参加者個人で考えてもらい、続いてグループで意見交換を行いました。
20190629_192354.jpg
20190629_191934.jpg

どのグループも、終了時間を過ぎてもまだまだ話が尽きないくらいに、活発に意見交換がされていました。

グループワークの後は各グループで出た意見を発表してもらい、コア会議のメンバーである大和大学の菅沼先生に意見交換の総括をして頂きました。
20190629_193643.jpg

各グループの発表では
・地域の交流の場があることが大切
・日頃のあいさつが一番大切
・心配な人の情報を地域で共有し、みんなで見守ることが出来たら
・大学との連携を深めていきたい
・定期的に交流会を開催できたらいい

などの意見が挙がり、菅沼先生からも「大学や企業とも連携した全世代参加のコミュニティづくり」の重要性が話されました。

最後に、コア会議のメンバー、高寿園の池田園長から閉会のあいさつとして、「“公助”を期待する前に“地域がつながる”ことの重要性を感じた」との感想をいただきました。
20190629_195651.jpg
同じ山手地区の住民同士、福祉施設や大学も一緒になって、改めて地域のつながりや支え合いの大切さを共有する、貴重な機会となりました。
ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

FC2カウンター

ツイッター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

カテゴリ