FC2ブログ
無題 - コピー

東地区福祉委員会南正雀ブロック 世代間交流事業

南正雀ブロックでは、毎年7月と11月に東保育園の園児たちと福祉委員さんとで交流されています。

7月10日(水)14時~からは南正雀会館近くの水場で、笹舟づくりや紙コップ流しで交流をはかりました。東保育園から5歳児12人と保育士2人が来られ、園児たちが自分の好きな絵を紙皿に書いたり、笹舟を水場で流したりと、福祉委員さんは、園児が書く絵や文字に「上手に書けてるね」「このハート可愛いね」など会話をしながら水場に誘導し一緒に遊びました。
1_2019071113362402e.jpg
2_20190711133625b13.jpg
3_201907111336278e6.jpg


曇り空でしたが気温は高く、園児たちの体調も考えてお茶も時々飲んでもらうように1時間前から準備をしていた福祉委員さんありがとうございました。
4_20190711133628e10.jpg


次回は11月に焚火や焼き芋体験をしながら交流する予定です。お楽しみに!

東地区福祉委員会正雀昼食会(ほのぼの会)

東地区は3ブロックが連携を図りながらそれぞれの地域性やそのニーズに沿った独自性を持って活動しています。「川園」「吹東幸」「正雀」で毎回趣向をこらしながら各会場で一人暮らし高齢者の昼食会が開催されます。

7月6日(土)南正雀会館で48人が参加しにぎやかに開催されました。
最初に正雀ブロックの福祉委員長からのご挨拶がありました。
①

お弁当を食べながら会話を楽しみ、それぞれが楽しく過ごされていました。
②


その後、お手伝いの地区福祉委員会の皆さん、民生委員さんと一緒に歌体操で身体を動かし、懐かしい歌にも皆さん大きな声で歌い、あっという間に時間は過ぎていきました。
③


最後に七夕の竹に各自で願い事や飾りつけを行い、「七夕」の歌を合唱し解散となりました。

協力していただいた東地区正雀ブロックの福祉委員の皆さま、民生委員の皆さまご苦労様でした。

 
次回は11月2日(土)11時30分からです。お楽しみに!

吹三地区ふれあい昼食会(福寿会)

吹三地区福祉委員会のふれあい昼食会(福寿会)は年4回開催されます。今回は2回目になり、7月2日(火)に内本町コミュニティセンターで開催されました。
参加者は74人。梅雨空の中たくさんの方が参加されました。

最初に福祉委員長からのご挨拶があり、つぎに1階の吹田市内本町障がい者相談支援センターの職員さんがご挨拶に来られました。
①
②


お弁当を召し上がった後、一息つくとアコーディオンの音色が流れました。参加者の方へ歌集を配り、リクエストを聞きながら皆で一緒に歌います。アコーディオン演奏は吹三地区福祉委員会独特です。♪故郷・♪夏は来ぬなど、大きな声で好きな曲に合わせて歌うとほっこりします。
③

「楽しかった、ありがとう」「次回も楽しみです」と感想をいただきました。

協力していただいた吹三地区福祉委員会の皆さまご苦労様でした。

 
次回は11月25日(火)11時30分からです。お楽しみに!

災害の備えを再確認!吹六地区ふれあい昼食会『六寿』

6月20日に内本町コミュニティセンターにて吹六地区ふれあい昼食会『六寿』が行われました
はじめに、内本町障がい者相談支援センター、吹一吹六地域包括支援センターより、相談先や講座の紹介に関する情報提供がありました

そのあと、昨年6月18日に発生した大阪府北部地震から約1年ということもあり、いま一度、災害への備えを再確認するため、吹田市危機管理室より防災に関するお話をしていただきました

1_2019062016050960b.jpg

命を守るために大切なことは『備え』だ、と説明がありました。
食べ物などの備蓄だけでなく、避難所の場所を把握しておくこと、市からの情報に敏感になっておくこと、ホームページ等を見て情報を得た方は近所の方に教えてあげることなど、情報の収集も大切な備えになることを改めて感じました

有事の際には、日頃からの備えに加え、近所同士の支え合いの関係も非常に重要になってきます
昼食会は近所同士のつながりづくりを目的に実施しています

危機管理室のお話のあとに参加者で昼食をいただきました
吹六地区では顔が見えやすいようにテーブル配置を工夫しています

2_201906201605111e4.jpg


防災に関することや、最近の出来事について話が弾みました

今日の『六寿』をきっかけに、いつ起こるかわからない災害に備えて準備しておきましょう。
委員のみなさんお疲れ様でした。
次回は7月に実施予定です

五感で体験!東地区介護フェア吹東幸会場


介護の情報や介護予防について、「身近に知る機会を設けてはどうか」という意見から始まった『東地区介護フェア』。
今年も6月15日(土)に東地区いこいの間にて開催されました

1_20190617155513ac7.jpg


東地区いこいの間で実施するのは今年で4回目。
今回も東地区福祉委員会、吹三東地域包括支援センター、大阪よどがわ市民生活協同組合、千原歯科医院、吹田市社会福祉協議会で構成された「東地区介護フェア実行委員会」で当日に向けて話し合い、準備してきました

当日は介護や介護予防、口の健康について様々な体験ブースを設けました

よどがわ市民生協による福祉用具の展示、体験

2_201906171555084bb.jpg


夕食サポートのお弁当サンプルも展示していました

3_20190617155510d43.jpg


隣の公園では電動車いすとシルバーカーの試乗も行いました

4_2019061715551173d.jpg


吹三東地域包括支援センターの介護相談、情報提供。
ちょっと聞いてみたいことから、個別の具体的な相談まで聞いてもらえるブースです

5_20190617155625642.jpg


千原歯科医院によるお口の機能測定
簡単な測定で口の機能低下の度合いを知ることができます。

6_20190617155620ad0.jpg


キユーピーによる介護食の試食

7_201906171556220d4.jpg


五感を使って介護に関する情報や介護予防について、知ってもらう機会となりました


隣接している吹東町集会所では毎月開催されている「喫茶ぽっぽ」を東地区福祉委員会のみなさんで運営されていました

8_20190617155623caa.jpg


ここでは軽食を通してご近所同士が交流できる場となっています

「毎年実施しているのは知っていたが、まだ自分には早いと思って行かなかった。今年初めて行ってとても勉強になった」
「実際に目で見て触れることができるのでよくわかる」
「口の健康の大切さを学んだ」
など、来場者から感想をいただきました

様々な団体の得意分野を活かした『東地区介護フェア』。
住民のみなさんへ周知することはもちろん、団体同士の連携を深めるためにも有意義な取り組みであると実行委員会からも感想が聞かれました

実行委員会のみなさん、お疲れ様でした。
10月には東地区の南正雀会館で初開催する予定です。

漫談で笑って元気に!吹一地区ふれあい昼食会


吹一地区ではひとり暮らしの高齢者を対象にふれあい昼食会を実施しています
5月の昼食会では、ひとり暮らしの高齢者だけでなく、いきいきサロンの参加者(家族と同居している高齢者の方)もお招きし、参加規模を大きくして「合同昼食会」を開催しました。
春らしい気候のこの日は参加者・スタッフ含めて約120名が集いました

委員長のご挨拶のあと、CSW、地域包括支援センターの紹介をさせていただきました
その後、昼食をいただきます。
1_20190516133746e67.jpg

「ひとりで食べるよりもこうしてみんなで食べた方がおいしい」
「いろんなおかずが入っていてうれしい」
と各テーブルで話が弾んでいました

今回は笑いのナビゲーターのうめちゃんに漫談を披露していただきました
「主役は参加されている皆さんです!」の声かけのもと、腹式呼吸や体操を交えて、参加者に笑いの絶えない楽しいひとときを過ごしていただきました。
2_20190516133745cda.jpg
「たくさん笑って元気が出た」
「漫談がおもしろかった」
と、参加者は笑顔で帰っていかれました

元号は変わりましたが、これからも引き続きたくさんの方に参加していただきたいですね。
福祉委員のみなさん、お疲れ様でした

東地区吹東幸ブロック機能訓練


毎月第二火曜日に開催している機能訓練に12名が参加しました
ハピネスさんあいの職員さんと一緒に、棒を使い30分体を動かしました

①


イスに座り声をだしながら、ゆっくりと棒を縦に横に動かしたり、棒が体から離れたり落ちたりして、笑いながらも皆さん熱心に体操に集中しています
30分があっという間に過ぎ、充実した時間を過ごすことができました

②

 
次回は6月12日(火)10時15分からです

見ごろの桜を愛でながら…東地区南正雀ブロック昼食会


東地区ではより地域に密着した活動を行うために、地区内で吹東幸・川園・南正雀の3つのブロックに分かれて小地域ネットワーク活動を展開しています。
新年度最初の東地区福祉委員会活動として、4月4日(木)東地区南正雀ブロックで「ほのぼの昼食会」が行われました。
例年より気温が低い日が続いていましたが、この日は春らしい晴天に恵まれ、桜も見ごろでお花見日和となりました
1_201904080937146fe.jpg


毎年4月のほのぼの昼食会では南正雀会館に隣接している公園でお花見をしながら昼食をいただきます
この3~4年は寒かったり雨が降ったりで、なかなか公園で開催できなかったので、参加者のみなさんも福祉委員さんも久しぶりの公園での開催に大変喜んでおられました

初めに南正雀ブロック福祉委員長よりご挨拶のあと、CSWが挨拶をさせていただきました。
その後テーブルごとにお話しながら楽しく昼食をいただきました
2_201904080937100c0.jpg


次に、大正琴のボランティアの皆さんによる演奏に合わせて、歌を歌いました。
桜の木の下で歌う「さくらさくら」は趣深かったです
3_20190408093711c3d.jpg


最後に福祉委員さんお手製のぜんざいが振る舞われました。
4_20190408093713aab.jpg

昼食でおなかいっぱいのはずなのに、ぜんざいは別腹
おいしくいただきました

「『令和』に元号が変わってもお元気で参加してください」という福祉委員さんのご挨拶でお開きとなりました。

新年度第1回目の活動にふさわしい一日となりました


ハートふれあい祭りで精神障がいについて考えるきっかけづくり


1人でも多くの方に、こころの健康について知ってほしい。
「病気になっても安心して暮らし続けることができる」と思える地域づくりにつなげたい。
そんな思いから始まった「ハートふれあい祭り」
9回目を迎えた今年も浜屋敷にて開催されました

1.jpeg

2.jpeg


精神障がいに関わる市内のさまざまな団体や事業所と実行委員会を組織し、開催に向けて昨年8月から話し合いを進めてきました

当日は天候にも恵まれ、多くの方に来場して頂きました
ステージ発表、模擬店、体験コーナーなど、それぞれのブースで賑わっていました
精神障がいのある方もない方も一緒に協力してブースを担当したり、参加者とともに祭りを楽しんだり、祭りを通してともにふれあう素敵な一日を過ごすことができました

単なるイベントにならないようにミニ高座やパネル展示など、参加者にも精神障がいについて考えてもらえる要素をちりばめて開催しました

社協を通してボランティアに来て下さった方も、自転車整備や受付、子どもコーナーや体験コーナーの補助などで活躍していただきました

3.jpeg

4.jpeg


ご協力いただいたボランティアのみなさん、団体・事業所のみなさん、お疲れ様でした

吹三地区スマイルネット声かけ見守り訓練で、認知症になっても安心できるまちに!


吹三地区福祉委員会では、「孤独死をなくそう」をテーマに、高齢者に対する吹田市の取り組みや、自治会の取り組みについての講話を聴いたり、自治会ごとで現状をグループワークして情報共有をするなど、「高齢者の見守り」について地域で考える機会を年2回設けてきました。

昨年度末には吹三地区福祉委員会幹事を対象に「認知症サポーター養成講座」を開催し、学びを深めました。
今年度は「今まで積み重ねてきたことを実践できる機会を持ちたい」と幹事内で意見があがり、吹田市認知症地域サポート事業に取り組むことになりました。
そこで、昨年8月から地域包括支援センター、グループホーム「あい」などの専門職を交えた実行委員会を立ち上げ、月1回話し合いを重ねてきました。

1_20190208173733ae8.jpg
 

昨年11月、12月には「認知症サポーター養成講座」を吹三地区の住民向けに実施しました。
認知症の方への声のかけ方について実行委員にロールプレイをしていただき、訓練当日にどのような声かけをすればいいのかイメージを共有しました。

そして1月27日(日)、「吹三地区スマイルネット声かけ見守り訓練」を実施しました。
実行委員会からの概要説明のあと、参加者が3グループに分かれ、1人1人が認知症役の実行委員に声かけをしました。

2_201902081737359f9.jpg

3_2019020817373181d.jpg

参加者は「驚かせない、急がせない、自尊心を傷つけない」を意識して、工夫して声かけをされていました。

訓練後、参加者と認知症役の実行委員にインタビューをしました。
参加者からは
「とても緊張した」
「会話をどう続けるべきか悩んだ」
「初めに自分の名前を名乗るべきだった」
と感想をいただきました。

認知症役の福祉委員からは
「声かけ役の方から、『私は地元の者です』と言われると安心した」
「声かけをしてもらえるのは気持ちが良い」
と感想をいただきました。

その後NPO法人認知症の人とみんなのサポートセンターの杉原氏より、講演いただきました。

4_201902081737326b7.jpg

「訓練では、声かけ役の方が丁寧な言葉で、笑顔で話しかけているのが良かった」
「目線を合わせて話をしているのがよかった」
と、訓練の総評を述べていただきました。
その後、認知症の方の気持ちになって接することが大切だと、再度認知症の方への接し方のポイントについて具体例を挙げながらご説明いただき、さらに学びを深めることができました。

2月28日に行われる「高齢者見守り体制づくり講演会」にて、今回の取り組みが発表されます。
ぜひお越しください。

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

FC2カウンター

ツイッター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

カテゴリ