FC2ブログ
無題 - コピー

吹三地区スマイルネット声かけ見守り訓練で、認知症になっても安心できるまちに!


吹三地区福祉委員会では、「孤独死をなくそう」をテーマに、高齢者に対する吹田市の取り組みや、自治会の取り組みについての講話を聴いたり、自治会ごとで現状をグループワークして情報共有をするなど、「高齢者の見守り」について地域で考える機会を年2回設けてきました。

昨年度末には吹三地区福祉委員会幹事を対象に「認知症サポーター養成講座」を開催し、学びを深めました。
今年度は「今まで積み重ねてきたことを実践できる機会を持ちたい」と幹事内で意見があがり、吹田市認知症地域サポート事業に取り組むことになりました。
そこで、昨年8月から地域包括支援センター、グループホーム「あい」などの専門職を交えた実行委員会を立ち上げ、月1回話し合いを重ねてきました。

1_20190208173733ae8.jpg
 

昨年11月、12月には「認知症サポーター養成講座」を吹三地区の住民向けに実施しました。
認知症の方への声のかけ方について実行委員にロールプレイをしていただき、訓練当日にどのような声かけをすればいいのかイメージを共有しました。

そして1月27日(日)、「吹三地区スマイルネット声かけ見守り訓練」を実施しました。
実行委員会からの概要説明のあと、参加者が3グループに分かれ、1人1人が認知症役の実行委員に声かけをしました。

2_201902081737359f9.jpg

3_2019020817373181d.jpg

参加者は「驚かせない、急がせない、自尊心を傷つけない」を意識して、工夫して声かけをされていました。

訓練後、参加者と認知症役の実行委員にインタビューをしました。
参加者からは
「とても緊張した」
「会話をどう続けるべきか悩んだ」
「初めに自分の名前を名乗るべきだった」
と感想をいただきました。

認知症役の福祉委員からは
「声かけ役の方から、『私は地元の者です』と言われると安心した」
「声かけをしてもらえるのは気持ちが良い」
と感想をいただきました。

その後NPO法人認知症の人とみんなのサポートセンターの杉原氏より、講演いただきました。

4_201902081737326b7.jpg

「訓練では、声かけ役の方が丁寧な言葉で、笑顔で話しかけているのが良かった」
「目線を合わせて話をしているのがよかった」
と、訓練の総評を述べていただきました。
その後、認知症の方の気持ちになって接することが大切だと、再度認知症の方への接し方のポイントについて具体例を挙げながらご説明いただき、さらに学びを深めることができました。

2月28日に行われる「高齢者見守り体制づくり講演会」にて、今回の取り組みが発表されます。
ぜひお越しください。

命を守る、ひと工夫


12月6日(木)に、東地区福祉委員会が三重県伊勢市へ管外研修に行きました。
今年は吹田市も災害の被害に遭ったことを受け、今回の管外研修では伊勢市防災センターを訪れました

1_20181210110450230.jpg


まず、伊勢市での防災の取り組み概要をお聞きしました。
ダンスを通して防災を呼びかけていると、映像を交えて説明していただきました

2_20181210110451148.jpg


次に火事の場合のお話をお聞きしました。
「キッチンに消火器はありますか?」「身の回りの消火器はさびていませんか?」
センター職員の方からの問いに、「家の消火器を確認しなくちゃ!」と福祉委員さん

また、火事の避難方法のコツを聞いた後、実際に避難体験をしました。

3_20181210110453bf5.jpg

さすが福祉委員さん。ばっちりハンカチで口を押えておられます


その後、水害時に水没しかけている車からの脱出方法を教えていただきました。
洪水時は道が水没して見えなくなり、川や池との境目が分からず転落してしまう可能性があるため、車の運転はとても危険です。
万が一そのような場面に遭遇した時にどう対応すればよいかを職員の方に教えていただきました

4_20181210110454d8a.jpg

あせらず、落ち着いて行動することが大切だと教えていただきました。

東地区福祉委員会は普段小地域ネット活動を3ブロックに分かれてきめ細やかに活動されています。
毎年一回、3ブロックの福祉委員が交流することを目的にこの研修を開催されています

今年も残すところあとわずかとなりました。
来年も東地区の福祉活動を盛り上げていきましょう

お買い物が便利に!東地区の取り組み


東地区の川園ブロックでは、スーパーが遠いため買い物が不便という声を以前からお聞きしていました。
そのうえ、一番近かったスーパーが昨年他地区へ移転し、より日常の買い物が不便になってしまいました。

そこで、市内の他地区で移動スーパーをされている「関西スーパーとくし丸」の活動を知った地区福祉委員長が「うちの地域にも来てほしい!」と地域包括支援センターと要望し、9月17日から東地区川園ブロックで移動スーパーの取り組みが始まりました

9月20日にお伺いさせていただくと、雨にもかかわらずたくさんのお客さんで賑わっていました

image1.jpeg

image2.jpeg


福祉委員長自らが自治会の車を使って宣伝をしていました

image3.jpeg

「買い物に行くなら自転車で片道20分くらいかかってしまう。ここに来てくれるととっても助かる」
「卵などの割れるものや、大きなものは長時間運ぶのが難しい。近くで買えるとありがたい」
「買い物に来ると、知っている近所の方に会えるのでうれしい」
利用されている方から喜びの声を多数お聞きしました
川園ブロックでは今後も週2回「関西スーパーとくし丸」が来られるそうです

喫茶さくらんぼでの日用品販売、青空市場の八百屋さんと合わせて、川園ブロックではお買い物がより便利になりました


東地区介護フェア川園会場

平成30年6月9日(土)、川園第一会館にて「東地区介護フェア川園会場」が開催されました。この介護フェアは、東地区福祉委員会、よどがわ市民生協、吹三・東地域包括支援センター、千原歯科医院、CSWが実行委員会として取り組んでいます。去年度までは吹東幸ブロックのみでの開催となっていましたが、今年度から東地区全体で取り組むこととなり、川園会場でも開催することになりました。

梅雨入りが発表され、前日からの雨も心配されましたが、当日は一転して天候にも恵まれました。
写真①

当日はスピーカーで宣伝した効果もあり、多くの方が来場されました。
福祉用具の展示・体験コーナーでは、杖や靴、車いす、手押し車などが展示され、手に持ってじっくり見たり、実際に手押し車を押して体験したりしていました。
写真②
写真③

お口の健康チェックコーナーでは、乾燥チェック、舌圧チェック、発声チェックなどがありました。また、これらのチェックを踏まえて歯科医師からのアドバイスもありました。
写真④

キューピーさんにご協力いただき、介護食の試食を行いました。あまり介護食について知らなかった方も実際に試食され、好評でした。
写真⑤

総合相談コーナーでは、自分自身や家族のことで気になることや、介護保険の使い方など、さまざまな身近な困りごとを相談されていました。
写真⑥

他にも、普段のいきいきサロンに来ていただいている八百屋さんの青空市、福祉委員さんの喫茶コーナーもありました。
写真⑦
写真⑧

今回、川園会場では初めての開催でしたが、多くの方に参加していただき、地域の方々に介護について周知できたと思います。今後、地域の声に耳を傾けながら、必要な仕組みを考え、多様な団体と連携・協働して取り組んでいきます。

一緒に食べると話がはずむ!吹三地区ふれあい昼食会

いつもひとりで昼食を食べている方々に、少しでも団らんの時間を。
そんな思いから、地区福祉委員会では、ひとり暮らし高齢者を対象にふれあい昼食会を実施しています

6月5日(火)には吹三地区福祉委員会主催でふれあい昼食会「福寿会」が行われました
内本町コミュニティセンターの大ホールが一杯になるほど、毎回たくさんの方にお越しいただいています。
いつも参加される方は、年に4回の「福寿会」を心待ちにしておられます。
開始時間まで、久しぶりにお顔を合わせた方同士でお話が弾んでおられました

始めに委員長のごあいさつの後、参加者全員で「いただきます!」

1_20180606102042d55.jpg

2_201806061020390c2.jpg


あるテーブルでは、「福寿会」に参加するようになったきっかけのお話や、お仕事のお話などを聞かせてもらいました

昼食終了後は「福寿会」恒例の歌の時間です
歌詞カードを配ってリクエストを募ります。
伴奏は毎度おなじみ福祉委員のアコーディオンです
参加者の皆さんが良く知る童謡唱歌を、懐かしそうに声を合わせて歌っておられました。

3_20180606102041a7f.jpg


最後は「ふるさと」で締めくくられました

次回は12月の予定です。
少し先になりますが、暑さを乗り切り、また笑顔でお会いできたらいいですね

来ていただいた皆さん、ありがとうございました
吹三地区福祉委員会の皆さん、お疲れ様でした


東地区介護フェア吹東幸会場を開催

5月19日(土)、東地区高齢者いこいの間にて、「東地区介護フェア吹東幸会場」が開催されました。この介護フェアは地域ケア会議から生まれたもので、東地区福祉委員会、よどがわ市民生協、吹三・東地域包括支援センター、千原歯科医院、CSWが実行委員会として取り組んでいます。吹東幸会場では今回で3回目の開催となりました。

写真①

当日は各ブースでさまざまな体験や展示がされました。
よどがわ市民生協による福祉用具の展示・体験コーナーでは、電動ベッドやポータブルトイレ、歩行器や車いすが展示され、実際に手に取ってみたり、体験されたりしていました。

写真②
写真③
写真④

また、外のスロープを利用して電動歩行器の体験もされました。坂道でアシストやブレーキがかかるようになっており、体験された皆さんも性能を実感している様子でした。

写真⑤

吹三・東地域包括支援センターによる総合相談コーナーでは、日頃から気になっていることなどを相談していました。地域包括支援センターまで足を運ぶのが難しい方にとっては、より身近な場所で話を聞いてもらう良い機会になったのではないでしょうか。

写真⑥

千原歯科医院によるお口の健康チェックのコーナーでは、発音チェック、舌の運動チェック、口臭測定、噛む力のチェック、舌の力のチェックがされました。チェックの結果に一喜一憂する方もいましたが、先生からアドバイスをもらい、自身のお口について見直す機会になったと思います。

写真⑦

このような、地域のより身近な場所で介護に関するさまざまなことを相談、体験する場を設けることにより、地域の皆さんへの周知につながったと思います。今後、さらに多くの皆さんに介護について知っていただくことのできるよう、実行委員会として取り組んでいきたいと思います。

また、今年から新たに川園会場でも介護フェアを実施します。そちらにもぜひお越しください。

日時 6月9日(土) 10:00~14:00
場所 川園第一会館

吹一地区福祉委員会いきいきサロン ボッチャ体験

4/20(金)、内本町コミュニティセンターにて吹一地区いきいきサロンが開催されました。
今回のいきいきサロンでは、吹田ボッチャの会の方々のご協力のもと、ボッチャの体験をしました。
写真①

このボッチャはパラリンピックの正式種目でもあり、ジャックボールと呼ばれる白い玉に、青と赤の玉それぞれ6球を投げたり、転がしたりして近づける競技です。

参加者の皆さんは初めて体験するようで、うまくできるか不安な方も、、、。
体験してみると、うまく近づいたら拍手喝采
ミスした時もチーム関係なく悔しがったりするなど、大盛り上がりでした。
写真②
写真③
写真④

体験終了後は、お茶を飲みながらおしゃべりを楽しみました。
写真⑤

今回の体験を通じて、地域の皆さんにボッチャについて少しでも知っていただくことができたと思います。吹田ボッチャの会の皆様、ありがとうございました。

精神障がいをもっと身近に!ハートふれあい祭り8


3月10日(土)に吹田歴史文化まちづくりセンター「浜屋敷」にて、「ハートふれあい祭り8」が開催されました

ハートふれあい祭りは精神障がい理解促進イベントとして毎年3月に開催され、今年8回目を迎えました

祭りを通してさまざまな立場の人が、協同して取り組み、「病気になっても安心して暮らし続けることができる」と思える地域づくりにつなげたい。
障がいをお持ちの方が暮らしやすいまちは、誰にとっても暮らしやすいまちなのだと、皆さんに気付いていただきたい。
そんな思いがこもった、このイベント。

実行委員会には、市・障がい福祉室、保健所、地区福祉委員会、精神障がい支援事業所、ボランティアグループ、内本町コミュニティ協議会など、さまざまな団体が参画しています
社協も実行委員会として毎月1回会議に参加しました。

模擬店の出店、ステージ発表、手作りコーナー、パネル展示を通して、精神障がいについて知ってもらう工夫がちりばめられています

毎年行っているチラシラリーでは、各団体の紹介をしたり・・・
1_20180312124506c49.jpg


ブースに団体紹介パネルを展示したり・・・
3_201803121245070b4.jpg


ステージ発表で団体の紹介をしたり…
4_201803121245099e7.jpg


今年もたくさんの方にご来場いただき、精神障がいについて身近に感じるきっかけにしてもらえたことと思います。

当日スタッフで活躍されたボランティアの皆さん、実行委員会の皆さん、お疲れさまでした

吹三地区子育てサロン ちゃちゃ

9月19日(火)浜屋敷にて、吹三地区福祉委員会が主催する吹三地区子育てサロン「ちゃちゃ」が開催されました。先日の台風とは打って変わって、穏やかな天候となりました。

浜屋敷の屋外と屋内を利用することにより、幅広い活動が可能になっています。屋外ではボールプールやブランコ、滑り台などが設置され、暖かい日差しの下でそれぞれ遊びを楽しんでいました。
写真①


屋内にもおもちゃが多数あり、子どもたちも楽しんで遊んでいます。また、赤ちゃんを寝かせる部屋があり、そこに子どもを寝かせながらお母さん同士でお話をしています。

室内では毎回様々な催しがされています。始まりは「バナナ体操」で、定番になっています。他にも、福祉委員さんによるアコーディオンの伴奏でふれあい遊びをしたり、ヨガ教室をしたりしています。
写真②
写真③


今日は紙芝居と大型絵本の読み聞かせでした。お家で読むことのないくらい大きな絵本での読み聞かせに子どもたちも興味津々でした。
写真④


みんなでお片付けをした後、誕生日のお祝いをして、写真をプレゼントします。
写真⑤


このような子育てサロンは、ただ子どもたちに遊んでもらうのではなく、子育てをしている親同士がつながりをつくることを目的として開催されています。そこでは、お母さんも安心しておしゃべりを楽しんで交流できるようになっています。このような取り組みがもっと子育て家庭に広まり、親同士のつながりづくりに役立てば良いですね。

吹三地区子育てサロン「ちゃちゃ」は毎月第3火曜日10:00~浜屋敷にて開催されています。次回は10月17日(火)ですので、お近くの方は是非お越しください。

ラジオ体操で夏を乗り切ろう!吹東幸ブロック機能訓練教室

8月8日(火)に東地区吹東幸ブロック機能訓練教室が行われました。
昨日は台風の影響で大荒れの天気でしたが、この日はさわやかな気候でした

血圧を測った後、機能訓練教室が始まります。
講師はハピネスさんあいのデイサービスの職員さん
今回はラジオ体操をメインにみんなで体操をしました

1_20170809102741822.jpg


一言でラジオ体操と言っても、どの筋肉を動かしているかを意識することで、効果が違ってくる、とハピネスの職員さん。
いつも何気なく行っているラジオ体操を、今回は指の先から脚の先まで意識しながら丁寧に行いました

2_20170809102742f0e.jpg


指や手を動かしたり、脳トレを行ったり、さまざまな動きを織り交ぜて体操しました

体操終了後は福祉委員さんが用意してくださったコーヒーでホッと一息
ご近所同士で会話が弾みます
ハピネスの職員さんとも情報交換をしました

次回は9月です。
この暑さを乗り切り、元気にお会いしましょう

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最近の記事

FC2カウンター

ツイッター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

カテゴリ