無題 - コピー

ラジオ体操で夏を乗り切ろう!吹東幸ブロック機能訓練教室

8月8日(火)に東地区吹東幸ブロック機能訓練教室が行われました。
昨日は台風の影響で大荒れの天気でしたが、この日はさわやかな気候でした

血圧を測った後、機能訓練教室が始まります。
講師はハピネスさんあいのデイサービスの職員さん
今回はラジオ体操をメインにみんなで体操をしました

1_20170809102741822.jpg


一言でラジオ体操と言っても、どの筋肉を動かしているかを意識することで、効果が違ってくる、とハピネスの職員さん。
いつも何気なく行っているラジオ体操を、今回は指の先から脚の先まで意識しながら丁寧に行いました

2_20170809102742f0e.jpg


指や手を動かしたり、脳トレを行ったり、さまざまな動きを織り交ぜて体操しました

体操終了後は福祉委員さんが用意してくださったコーヒーでホッと一息
ご近所同士で会話が弾みます
ハピネスの職員さんとも情報交換をしました

次回は9月です。
この暑さを乗り切り、元気にお会いしましょう

あつ~い夏にはみんなで水遊び!吹一地区子育てサロン

7月13日(木)に吹一地区の子育てサロンがありました。
吹一地区の子育てサロンは毎回内本町コミュニティセンターで実施していますが、毎年6、7、8月は吹一保育園で実施しています。
今回は吹一保育園で水遊びを行いました

とても暑い日で、参加者は少ないかもしれないな…と福祉委員さんは不安の声をもらしていましたが、いざ開始時間になると17組の親子が参加してくださいました。
まずは一旦2階のホールに集合し、水遊びの準備をします。
みんな水遊びをとても楽しみにしていたようで、すでに家から水着を着てきた子や、水着に着替えたとたん楽しそうに走り回る子もいました

福祉委員さんからの声かけで、順番に1階に降りていきます

1_201707191746267e6.jpg

2_20170719174628b80.jpg

地域担当保育士、福祉委員さんが見守る中、子ども達は思い思いに水遊びを楽しみました。
子どもが水遊びをしている間に、プールの外ではお母さん同士で交流をされていました
「夏場こんなときどうしてる?」
「トイレトレーニングいつ始めた?」など、子育てで不安なことを先輩ママやご近所ママに聞いておられました。
子育てサロンは子どもたちの居場所づくりだけでなく、お母さんやお父さんもホッとできる居場所づくり・仲間づくりの場という役割もあります

水遊び終了後はシャワーを浴びて、2階ホールで着がえをします。
着替えられた子から、福祉委員さんが用意してくれたジュースを飲んで水分補給!
次回8月も吹一保育園で水遊びをします
吹一地区以外の方でも気軽に参加可能ですので、ぜひお越しください

笑う門には福来る!東地区吹東幸ブロック昼食会


7月1日(土)に東地区にある吹東集会所にて吹東幸ブロックほのぼの昼食会が行われました。
梅雨真っ只中ですが、この日は良い天気に恵まれました。
ほのぼの昼食会を心待ちにしていた参加者のみなさん。
受付開始すぐ、続々とお集まりいただきました。

吹東幸ブロックでは、ご近所同士の顔の見える関係を大切にしてほしいという想いから、同じ自治会の参加者同士で座れる工夫をされています。

「久しぶりやね~」
「こないだあの行事の時、来てなかったからどうしたのかと思ったわ」
と、各テーブルでお話に花が咲いていました。

11:30昼食会開始!
まずは吹東幸ブロック福祉委員会代表よりご挨拶のあと、福祉委員さんの自己紹介がありました。

1_20170705123402ef6.jpg


そのあと、皆さんで「いただきまーす!」
お話しながら楽しそうにお食事されていました。

2_20170705123404cc8.jpg


食事のあとの時間でCSWのご挨拶をさせていただいたあと、漫談を楽しみました。

3_20170705123405a81.jpg


巧みな漫談で参加者の皆さんは大笑い!
思わず福祉委員さんも声を出して笑っておられました。

漫談のあとは東地区で実際にあった特殊詐欺について、福祉委員さんより紹介がありました。
声を掛け合って詐欺被害をなくしたいですね!

最後にご挨拶のあと閉会となりました。
次回は11月ごろの予定です。
夏の暑さに負けないよう、皆さんお元気でお過ごしください。

第2回 吹東幸ブロック介護フェア

6月17日(土)に吹田市東地区高齢者いこいの間にて、吹東幸ブロック介護フェアが開催されました。この取り組みは地域ケア会議から生まれたもので、東地区福祉委員会、よどがわ市民生協、吹三・東地域包括支援センター、千原歯科医院が実行委員会として、昨年に引き続いて第2回として開催されました。また、隣の吹東集会所にて東地区福祉委員会の喫茶ぽっぽも同時開催され、多くの方が来場されました。
写真①

当日は各ブースで様々な展示、相談、体験がされました。
よどがわ市民生協による福祉用具のブースでは、手すりや杖、靴やベッドなどを展示し、実際に体験されたり、実物を手に取って見られたりしていました。
写真②
写真③
写真④

また、電動車いすや電動歩行器の試乗体験もありました。なかでも電動歩行器は、坂道を感知してアシストやブレーキがきくようになっており、スロープを利用して実際に体験された方も、その性能をとても感じておられる様子でした。
写真⑤
写真⑥

吹三・東地域包括支援センターによる総合相談のブースでは、日頃から不安に感じていること、わからないことなどを相談されていました。こういった機会を設けることによって、普段地域包括支援センターまで足を運ばない方も気軽に相談できるようになったと思います。
写真⑦

千原歯科医院の千原先生による口の健康チェックのブースでは、口臭測定、舌圧測定、口唇閉鎖力測定がされました。舌圧や口唇閉鎖力と聞いてもあまり馴染みがありませんが、これらが衰えると飲み込む力が弱くなったり、食べこぼしが多くなったりします。実際に測定して、先生からアドバイスを受けることによって、体験された方にとっては自分自身の口腔環境を見直す機会になったのではないでしょうか。
写真⑧

また、キユーピー株式会社の方にもお越しいただき、介護食の試食会が行われました。介護食と聞くと味が薄いんじゃないか、と思われていた方も、いざ試食してみるとしっかりと味が付いており、驚かれている方もいました。
写真⑨

今回は済生会吹田病院の在宅訪問管理栄養士にお越しいただき、栄養指導と同時に在宅訪問管理栄養士の啓発もされました。ふくらはぎの一番太い部分を両手の親指と人差し指で輪を作るように掴んでみて、指が届くようであれば筋肉が不足しているそうです。来場された方々は指が届かず嬉しそうな様子でしたが、皆さんはどうでしょうか?
写真⑩
写真⑪

今回のような、数多くの機関が一度に集まり、身近な場所で話を聞いてもらったり、様々な体験ができる機会を設けることにより、より多くの地域の方々の来場につながったと感じました。そして何より、来場してくださった多くの方々に満足していただけて良かったと思います。こういった地域発信の取り組みが広まるよう、今後もCSWはコーディネートに取り組んでいきます。

吹六地区ふれあい昼食会

6月6日(火)に内本町コミュニティセンターにて、吹六地区ふれあい昼食会「六寿」が開催されました。このふれあい昼食会はひとり暮らしの高齢者の方が対象で、住民の方々の交流を目的として実施されています。

梅雨時期の開催ということもあり、雨の心配もありましたが、天候にも恵まれて多くの方が参加されました。また、アジサイが飾られており、季節を感じられる雰囲気となっていました。
写真①


今回は吹田市の危機管理室の方に、特殊詐欺に関する講演をしていただきました。大阪府や吹田市の被害額を聞き、DVDを視聴することを通して、詐欺に対する意識が高まったと思います。また、今日聞いた話を隣近所で共有してもらって、地域全体としてさらに意識が高まっていけば良いですね。
写真②


その後は昼食を食べ、皆さんおしゃべりをしながら楽しく交流をされていました。
写真③
写真④


吹六地区から昼食会が行われる内本町コミュニティセンターまでは少し距離がありますが、そこまで歩いて行くことで足腰が鍛えられる、といった意見もあり、毎回多くの方が楽しみにしておられます。このような高齢者の方々の居場所がもっと広まり、多くの方が楽しめるようになれば良いですね。

東地区車いす講習会

4月23日(日)川園第一会館にて、車いす講習会が東地区福祉委員会総会終了後に開催されました。

東地区福祉委員会さん自身から車いすの使用方法について学びたい、といった意見があり、それを踏まえて、ハピネスさんあい(特別養護老人ホーム)の宮岡務さんをお招きして、車いすの種類、乗り降りの方法などについてお話ししていただきました。
写真①
写真②

話を聞いた後、外に出て実際に車いすを使用して、スロープや芝生の上の通過、段差の昇り降りを皆さんで体験しました。
写真③

芝生などの地面が平らでないところでは、抵抗が大きくなるため進みにくくなり、力がより必要になる、と感じられていました。
写真④


段差の昇り降りでは、車体が傾くとわかっていても、実際に体験すると怖い、といった声もありました。そういった不安を軽減するためにも、介助する側の声かけが大切である、と感じられていました。
写真⑤
写真⑥

ただ話を聞くだけでなく、実際に体験することによって、より理解が深まったと思います。今は必要がないと思っていても、いざという時のための備えが大切だと感じました。こういった試みが広がり、車いすの使用方法の周知を住民同士で行えるようになれば良いですね。

吹六地区福祉委員会ふれあい昼食会 六寿

4月4日(火)、吹六地区福祉委員会では、中の島公園にてふれあい昼食会「六寿」が行われました。ふれあい昼食会「六寿」は、ひとり暮らしの高齢者の方が対象で、住民の方々の交流を目的として実施されています。

普段のふれあい昼食会「六寿」は内本町コミュニティセンターで行われていますが、毎年4月の昼食会では、中の島公園にてお花見を楽しみながら昼食をいただきます。過去2年は雨天のために中の島公園では開催できなかったのですが、今年は天候にも恵まれ、穏やかな日差しの下での昼食会となりました
写真①

みんなで歌を歌ったり、参加者の方のひとりがみんなの前で歌ったりしました。途中で音楽が止まってしまうハプニングがありましたが、参加者みんなで手拍子をしたりして楽しんでおられました
写真②

その後の昼食では、桜を見ながら、春の暖かさを感じながら、普段とはまた違った雰囲気のなかで食事を楽しみました

このような食事会は、普段誰かと食事をする機会が少ないひとり暮らしの高齢者にとって、近所の方々とお話をしたりして交流する場にもなっています。このような場がもっと広まれば良いですね!

笑顔の花満開!川園ブロックほのぼの昼食会


4月1日(土)に東地区川園第1会館でほのぼの昼食会が行われました
ほのぼの昼食会はひとりで暮らしている高齢の方を対象に、ご近所同士集まり、昼食を食べながら交流することを目的に開催されています



毎年4月の昼食会では川園第1会館の隣にある川園公園にイスをならべ、花見をしながら昼食をいただきます
今回はちんどん屋「華乃屋 ケイ」さんと「華乃屋 小梅」さんをお招きし、演奏に手拍子で参加したり、なつかしの歌謡曲を一緒に歌ったりしました

1_20170407161552673.jpg

2_20170407161543d5e.jpg

3_20170407161545e16.jpg

この日は後藤市長や議員の皆さんもお越しいただき、「川園公園の桜は2分咲きくらいですが、参加されている皆さんの笑顔の花を咲かせましょう」と後藤市長。
その言葉に笑顔の花は満開になりました



この日は前日に雨が降り地面がぬれてしまったので、演奏の後の昼食は川園第1会館内でいただきました

4_201704071615464b4.jpg



食後のデザートは福祉委員さん手作りのおぜんざい!
肌寒いこの日にぴったりなメニューで、おぜんざいをいただいたあとは体も心もぽかぽかになりました

5_20170407161551628.jpg

帰り際には参加者さんの「美味しかったです!ありがとう」の声に、「また来てくださいね!」と福祉委員さんが元気に答えておられました

誰かと一緒に食事をする機会が少ないひとり暮らしの高齢の方にとって、昼食会は集いの場になっており、近所の方とおしゃべりできるのでとても楽しみにされています
次回は6月の予定です

JR以南ブロックふれあい昼食会ダイジェスト!

吹田市内33地区福祉委員会ではおおむね小学校単位で福祉委員会活動を行っています。
子育てサロン、いきいきサロン、ふれあい昼食会などを通して地域の中での孤立をなくし、だれもが安心して暮らせる住みよいまちづくりをすすめています。

ふれあい昼食会はひとり暮らし高齢者を対象に実施しています。
日頃はひとりで食事をすることが多い高齢者の方も、同世代の方や、福祉委員さんと共に和やかな雰囲気で昼食を共にし、交流することを目的としています。

今回は2月から3月にJR以南ブロック(吹一、吹六、吹三、東)で行われた昼食会ダイジェストでご紹介
します。

吹一地区福祉委員会「ふれあい昼食会」

1_201703081143265b5.jpg

食事の後に成年後見制度のDVDを視聴しました。
その後、吹田第一幼稚園の園児が歌・ダンスを披露し、参加者と交流しました。



吹六地区福祉委員会「ふれあい昼食会 六寿」

2_201703081143273d6.jpg

3_201703081143213a5.jpg

食事の前にマジック・落語のボランティアさんを招き、楽しい時間を過ごしました。



吹三地区福祉委員会「ふれあい昼食会 福寿会」

4_20170308114323592.jpg

5_20170308114324164.jpg

食事の後、ガールスカウトがお茶のお手前を披露されました。
参加者にもお茶とお菓子が振る舞われました。
その後、アコーディオン演奏に合わせて会場全員で童謡唱歌を歌いました。



東地区福祉委員会「ふれあい昼食会 ほのぼの会」

6_201703081143532bc.jpg

川園ブロックでは、昼食後に中国の伝統ある変面ショーをボランティアさんに披露していただきました。
南正雀ブロックと吹東幸ブロックでは、昼食後にビンゴをして、参加者も福祉委員さんも一緒に盛り上がりました。



各地区ごとに工夫をこらして取り組んでいる昼食会。
一部の地区では参加者の方にアンケートでご意見を聞かせていただいたのでご紹介します。
「何時もお世話をして下さってありがとう御座います。今後共よろしくお願い致します。」(吹六地区)
「毎回心のこもったおもてなしによろこんでおります。」(東地区南正雀ブロック)
「毎日1人で食べてますので、皆様といっしょに楽しく食事ができる事が一番うれしいです。続けてください。」(東地区吹東幸ブロック)

参加者の声を大切に、これからも福祉委員さんと一緒に昼食会を盛り上げていきたいと思います

障がい者交流で楽しいひととき


2月19日(日)に吹六地区福祉委員会主催で障がい者交流が行われました
年1回開催される障がい者交流では吹六地区に住む障がいのある方とそのご家族をお招きしています

会場の浜田町会館いっぱいに参加者が集まりました
毎年参加している方も多く、久しぶりにお元気そうなお顔を見ることができました

まずはじめに、みんなで小物作り
思い思いの色にびんを装飾していきます

1_20170224115328220.jpg


できないところは福祉委員さんがお手伝い

2_20170224115323faa.jpg


同じ材料なのに、出来あがるとオリジナリティーあふれる作品に仕上がりました

3_201702241153253b1.jpg


「何をいれようかな」「どこに飾ろうかな」「お母さんのと並べてリビングに置こう」…
びんの装飾が渇くのを待ちながら、だんらんしました



その後にみんなで昼食をとりました

4_20170224115326f7a.jpg

だれでも食べやすいようにと福祉委員さんが配慮され、メニューは細巻き。

お腹いっぱいになったところで、ビンゴゲームがはじまります
福祉委員さんが読み上げる数字に一喜一憂
参加者全員に景品が当たったところでビンゴゲームは終了しました

「来年も実施するので、また元気でお会いしましょう」と委員長のあいさつで閉会となりました。
今回の交流をきっかけに、吹六地区のつながりの輪がさらに広がりました

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

FC2カウンター

ツイッター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

カテゴリ