FC2ブログ
無題 - コピー

8月の吹田市社協の活動予定

吹田市社協では、「誰もが安心して暮らせる住みよいまちづくり」を目指して、多くの方と力を合わせながら、さまざまな活動を行っています。
今後、予定している主な事業・活動をご紹介します。
なお、8月も新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、吹田市社協主催で実施予定していた事業(講座・研修・報告会等)ならびに地区福祉委員会活動(昼食会・いきいきサロン・子育てサロン等)の多くが中止・延期となっております。
なお、窓口業務、相談等については通常通り行っています。
各事業・活動の詳細は吹田市社協へお問い合わせください。(TEL:06-6339-1254)
※主に吹田市社協が主催(もしくは共催)している活動のみご紹介しています。


8月の吹田市社協の活動予定

4日(火)
●eコミ操作研修会
時間:午後1時から午後4時
場所:総合福祉会館
参加者:地域包括支援センター職員
内容:eコミ(ICTツール)を活用した集いの場リストの操作研修会

11日(火)
●コミュニティサロン
時間:午後1時から午後2時30分
場所:総合福祉会館
参加者:自由参加
内容:使用済み切手の整理、プルトップの選別

21日(金)
●理事会
時間:午前10時から
場所:総合福祉会館
参加者:理事、監事
内容:補正予算(案)など

25日(火)
●コミュニティサロン
時間:午後1時から午後2時30分
場所:総合福祉会館
参加者:自由参加
内容:使用済み切手の整理、プルトップの選別


28日(金)
●~離れていてもつながるツール~ ZOOM体験講座
時間:午前10時から午前11時30分
場所:総合福祉会館
参加者:吹社協ボランティアセンター登録団体でスマートフォンかタブレットをお持ちの方(先着10名)
内容:インターネットを使った会議システム「ZOOM」の説明と体験
当日持ち物:お手持ちのスマートフォン、もしくはタブレット(ノートPC不可)

eコミ操作研修を行いました

eコミ(eコミュニティ・プラットフォーム)は、webを活用して情報共有をスムーズに行うためのツールとして、国立研究開発法人 防災科学研究所とコミュニティエンパワメントオフィスFEEL Doが作成しました。災害時の情報共有にも有効であることから、大阪府社協を中心に、市町村社協でも運用をめざしています。

吹社協でも令和2年度にモデル事業を受託しました。このツールを活用し、生活支援コーディネーターを中心に作成している、『集いの場リスト』や子育て仲間づくり情報『きらきら』、コロナ禍の取り組みとしてはじまった子育て動画配信『きららとあそぼ!』等での運用をすすめています。
吹田市社会福祉協議会のホームページの新着情報をご覧ください。)

災害時に活用するためには、平時から職員が使用できることが重要です。そこで、先日CSW向けに操作方法の研修会を開催しました。(三密にならないように、2回に分けて開催しました。)

eコミ研修


操作研修には、大阪府社協の担当者にも来ていただきました。
eコミでのデータの見方、印刷方法、データ作成方法などを学びました。


8月には、地域包括支援センターの職員さんにも操作研修を行います。


これからも、eコミも活用しながら、地域福祉活動をよりよいものにしていきたいと思います

「つながり全国アクション」で紹介されました

全国社会福祉協議会では他団体とともに、新型コロナウィルス感染拡大により、地域福祉活動が制限される中で、様々な工夫をしながら取り組まれている各地の活動事例を紹介されています

その中で、大阪大学学生グループ「すいすい吹田」五月が丘地区福祉委員会が吹田市社協と一緒に取り組んでいる、高齢者への見守り活動が紹介されました
4_2020071313052894d.png
地元の大学生と地域がこれまでのつながりも生かしながら、地域の高齢者を支えている取り組みが注目されています!
こちらの「つながり全国アクション」のホームページに掲載されていますので、ぜひ読んでみてくださいね

子育て動画「きららとあそぼう!」配信スタート!

吹田市社協では施設連絡会加盟保育園と協力して、おうちでの子育てに役立つ動画配信を始めました

新型コロナウイルスの影響で、親子が集って遊べる場が少なくなっています。
「おうちでの子育てが少しでも楽しくなるように」と、
私立保育園の先生たちが楽しい遊びや役に立つ子育て情報を紹介してくださっています

コチラ(←クリックすると移動します)のサイトのマップから、見たい保育園をクリックし、
保育園情報から動画サイト(YouTube)にアクセスできます。
無題

編集が済んだ保育園から随時公開していきますので、この先もどんどん動画が増えていきます。

楽しみにしていてくださいね


子育てサロン パネル最終回

 前回に引き続き、子育てサロンのパネルのお披露目をさせていただきます
 今回は7地区です。

千二
千里新田
東
桃山台
藤白台
南山田
北山田


 いかがでしたか
 毎年、子育てサロンを担当されている方々が中心となって作成され、力作が揃います。
 子育てサロンが再開された際には、ぜひご参加ください

 新しい様式での開催になるかもしれません。心配ごともあるかもしれません。
 でも!皆様のそばには福祉委員さんも民生委員さんもおられます。(社協のCSWもおります)こんな時だから、つながりを大切に、また、地域で、お元気な姿で、お会い致しましょう


 前回記事はこちら
 子育てサロン パネルその1
 子育てサロン パネルその2

みんなで交流!すいこれカフェ~吹田のこれからを考える~開催!

吹田市社会福祉協議会では、誰もが安心して暮らせる住みよいまちづくり」をすすめるために、第4次地域福祉活動計画(令和2年度~令和6年度)策定に取り組んでいます。
その計画づくりの一環として、これまでに各地区福祉委員会や各団体の皆さんとの懇談会を実施してきました。
そして今回、市内で活動されているさまざまな団体の皆さんの声を聞かせていただくために「すいこれカフェ(吹田のこれからを考えるカフェ)」を開催しました!

1月17日(金)、千里山コミュニティセンターで開催された「すいこれカフェ」
この日は計46団体68名の方にご参加いただき、ワールドカフェと言う形式で意見交流をおこないました。
IMG_0487_20200117175304fe9.jpg

まずは、計画の策定委員長である佛教大学の金田先生からのカフェの趣旨説明がありました
IMG_0439.jpg

このカフェの目的は3つ!
①出会う②語り合う③つながる

職員よりワールドカフェの方法を説明をした後にカフェがスタート!
各テーブルでは、和やかな雰囲気の中、参加者の方が日頃から取り組んでいることや、これから取り組んでみたいことなど活発に交流がされていました
「若い人とのつながりをつくっていきたいです」
「団体のPRに力を入れていきたいです」
どのテーブルも新たなつながりや発見が生まれ、大変盛り上がっていました
IMG_0450.jpg

IMG_0447.jpg

IMG_0446.jpg

交流後は、テーブルごとに出た意見の発表もしていただき、より多くの意見を会場のみなさんと共有することができました
「やっぱりつながりが大切!」と言う意見がたくさん出ていました

皆さんのご意見を参考に、引続き、第4次地域福祉活動計画の策定に取り組みたいと思います
IMG_0471.jpg

IMG_0477.jpg
ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました

吹田しあわせネットワークシンポジウム開催!

吹田市社協施設連絡会では、さまざまな地域貢献活動に取り組んでいます

その 1 つとして経済的に生活が苦しくなった方の支援にも、福祉施設の専門性を生かして 取り組んでいます
平成 28 年度より「吹田しあわせネットワーク」と名付けられたこの取り組みを、
広く施設や地域住民の方々に知っていただこうと、
12 月 18 日(水)「吹田しあわせネットワークシ ンポジウム」を開催しました 。
大阪府社協の「大阪しあわせネットワークと地域貢献(施設連絡会)との連携推進モデル事 業」の助成を活用し開催したこのシンポジウム


当日は、地区福祉委員会より 30 名、施設連絡会より 24 名、オブザーバー2 名、合計 56 名 の参加者の方々に、会場のサニーストンホテル江坂にお集まりいただきました!
IMG_0353.jpg

最初にコーディネーターを務めていただきました、大阪府社会福祉協議会 社会貢献推進室長の宮本氏より、シンポジウムの流れや学びのポイント、大阪府域で取り組んでいる生活困窮者支援「大阪しあわせネットワーク」についてご紹介いただきました。
IMG_0341.jpg

続いて 3 人のパネリストの方々から「吹田しあわせネットワーク」に関する、
各分野での実践報告をいただきました。

特別養護老人ホームいのこの里施設長の山本氏からは、
吹田しあわせネットワークにおけ る全体的な取組の内容や支援事例、
関係者同士の連携やネットワークづくりの重要性等を お話しいただきました。
IMG_6806.jpg

生活介護事業所ブルーリボンきらめき管理者の下郡氏からは、
障がい者施設としてどのようにこの取り組みに関わってきたか、
今後どのように関われるかと言う点を中心にお話し いただきました。
IMG_6808.jpg

吹田市生活困窮者自立支援センター 主任相談員の
森(吹田市社会福祉協議会所属)からは、 センターの説明やセンター職員として
「吹田しあわせネットワーク」と連携した事例の紹介等がありました。
IMG_6814.jpg

報告の後は、グループに分かれて参加者同士、
話を聞いた感想や、印象に残ったことを話し合い交流しました。
日頃の地域福祉活動で顔を合わせることも多い、福祉委員会と施設の方々同士、
和やかにかつ熱心に意見交換がされていました
IMG_0349.jpg

IMG_0346.jpg

各グループからは「支援に活用してもらうために物品を寄付する際には、
どのような物品が 必要とされているのか」
「 支援を望まない方に対してはどのように対応しているのか」
などの質問が出ていました。

最後に各登壇者の方から質問への回答や参加者の方へのメッセージをいただきました。
ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました
今後も、施設連絡会は「吹田しあわせネットワーク」の取り組みをはじめ、
さまざまな地域 貢献活動に、地域住民の皆さんと共に取り組んでいきます!

宮城県丸森町へ!災害支援ボランティアバス運行!

台風19号で被害に遭われた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
台風19号での被害を受けて、施設連では、令和元年11月24日~26日、宮城県丸森町災害支援ボランティアバスを運行しました。


当日は7施設7名の施設職員の方の他、今回は一般の方からも参加を募り、9名の方にご参加いただきました。事務局からも5名が随行し、総勢21名での運行となりました!

24日の夜に吹田を出発し、バスに乗ること約12時間
翌日25日の朝、丸森町の災害ボランティアセンターに到着しました
1574683178503.jpg

9:30にボランティアセンターで受付をし、早速活動場所へ
20191125_094004(0).jpg

出発前の予報では、心配されていたお天気ですが、ボランティアの皆さんのパワーのおかげか、この日のお天気は見事に晴れ
気温も比較的暖かく、活動しやすい日となりました

活動場所に着くと
3グループに別れて活動開始

それぞれ、依頼元である個人宅に訪問して活動を行いました。

こちらのグループは、
床上まで水に浸かったおうちの片付けのお手伝い。
細々としたものから家電製品や畳など大きなものまで、力を合わせて搬出しました
20191125_101959947.jpg

20191125_112014861.jpg

こちらのグループは
側溝の泥出し。
泥が溜まって水が流れなくなった溝の泥を掻き出しました。
初めて顔を合わせたメンバーがほとんどにもかかわらず、チームワークのよさを発揮して、
溝に水が流れる状態にすることができました
1574683196557.jpg

1574683202454.jpg

こちらのグループは、庭の泥出し。
力のいる作業では、男性チームが活躍
社協職員も一緒に汗をかきました
1574683215685.jpg

活動を終えた後は、道中、参加者同士、感想を語り合いながら、温泉へ。
ゆっくり疲れをとり、再びバスに乗ること約12時間、
日付が変わって26日早朝、無事に吹田に帰ってきました

ご参加いただいた方からは、
・チームワークを発揮して活動に取り組めた。詰まっていた溝に水が通るようになってよかった。役に立てて嬉しい。
・一人では遠方まで活動に行くことは難しいので、今回、ボランティアバスを出してもらえてありがたかった。
・家が水に浸かった方の気持ちなど、ニュースを見るだけではわからないことを感じることができた。貴重な体験になった。
などの感想をいただきました

皆さん、本当にお疲れさまでした

今回の災害支援ボランティアバスの運行については、運行支援金という形でも、多くの施設にご協力いただきました
ご参加いただきましたみなさま、そして支援金や飲料水等のご寄付をいただきました皆さま、本当にありがとうございました

地区福祉委員長管外研修~大津市社協との交流を通して~

9月26日(木)に、地区福祉委員長管外研修を実施しました。
行先は滋賀県大津市の社会福祉協議会です

今回は大津市内の中部ブロックと言うエリアにある、
6つの学区社会福祉協議会(吹田で言う、地区福祉委員会)との交流を通じて、研修を行いました。

人口規模や小学校数等が似ている吹田市と大津市。
共通点がある中で、お互いの地域福祉活動について情報交換をし合いました

会場の大津市社協に着くと、大津の皆さまにお迎えいただき
DSCN0766.jpg

はじめに、大津市の中部ブロック学区社協連絡会の馬場会長よりご挨拶をいただき、
DSCN0743.jpg
大津市社協の職員の方より、大津市と吹田市の概要や、お互いの共通点、
相違点について紹介をしていただきました

その後は、グループに分かれての情報交換。
最初に大津市の各学区社協での取り組みを紹介していただき、
その後お互いに質疑応答等をしながら交流をしました。
DSCN0767.jpg

DSCN0749.jpg

どのグループも活発に意見交換がされていました
DSCN0774.jpg

終わりに吹田市社協の金戸会長にご挨拶をいただき、
金戸会長からは「今回の研修を各地区福祉委員会での5年間の
活動計画策定に生かしていきたい」
とのお話がありました。
DSCN0786.jpg

研修後のアンケートでは、
「出来ることを出来るところから取り組む姿勢に共感した」
「大津での取り組みは興味深かった。多くの方が気軽に参加できる活動であることが良い取り組みだと思った」

などの感想をいただきました
DSCN0796.jpg

大津市社協の皆さま、中部ブロック学区社協の皆さま、温かくお出迎えいただき本当にありがとうございました
地区福祉委員長の皆さま、朝早くからお疲れさまでした。
今回の研修をこれからの活動に役立てていただければと思います

5月の吹田市社協の活動予定

吹田市社協では、「誰もが安心して暮らせる住みよいまちづくり」を目指して、
多くの方と力を合わせながら、さまざまな活動を行っています。
今後、予定している主な活動をご紹介します。
各活動の詳細は吹田市社協へお問い合わせください。
※主に吹田市社協が主催(もしくは共催)している活動のみご紹介しています。


5月の吹田市社協の活動予定

7日(火 )
●歌体操ボランティア養成講座⑤
時 間:13:30〜15:30
場 所:総合福祉会館
参加者:地域住民(申込制)
内 容:歌体操ボランティアの養成

9日(木)
●三役会議
時 間:9:30~11:30
場 所:総合福祉会館
参加者:吹田市社協会長、副会長、常務理事
内 容:理事会について

●コミュニティサロン
時 間:14:00〜16:00
場 所:夢つながり未来館
参加者:地域住民(ボランティア活動を始めたい方)
内 容:使用済み切手の整理など

13日(月)
●監査 
時 間:14:00~
場 所:総合福祉会館
参加者:吹田市社協監事、会長、常務理事
内 容:平成30年度決算、事業報告などの監査

14日(火)
●コミュニティサロン
時 間:13:00〜15:00
場 所:総合福祉会館
参加者:地域住民(ボランティア活動を始めたい方)
内 容:プルトップの選別、使用済み切手の整理など

●傾聴ボランティア養成講座①
時 間:13:30〜15:30
場 所:岸部市民センター
参加者:地域住民(申込制)
内 容:傾聴ボランティアの養成

17日(金)
●理事会 
時 間:10:00~
場 所:総合福祉会館
参加者:吹田市社協理事、監事
内 容:平成30年度決算、事業報告など

●施設連絡会幹事会
時 間:13:30~
場 所:総合福祉会館
参加者:施設連絡会幹事・監事
内 容:第15回総会について

21日(火)
●地区福祉委員長会議
時 間:14:00~
場 所:総合福祉会館
参加者:地区福祉委員長 など
内 容:2019年度地域ふくし協力金について ほか

28日(火)
●コミュニティサロン
時 間:13:00〜15:00
場 所:総合福祉会館
参加者:地域住民(ボランティア活動を始めたい方)
内 容:プルトップの選別、使用済み切手の整理など

●傾聴ボランティア養成講座②
時 間:13:30〜15:30
場 所:岸部市民センター
参加者:地域住民(申込制)
内 容:傾聴ボランティアの養成

31日(金)
●評議員会 
時 間:10:00~
場 所:総合福祉会館
参加者:吹田市社協評議員、監事
内 容:平成30年度決算、事業報告などについて

●理事会
時 間:10:00~
場 所:総合福祉会館
参加者:吹田市社協理事、監事
内 容:会長・副会長の選出などについて

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

FC2カウンター

ツイッター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

カテゴリ