FC2ブログ
無題 - コピー

第20回傾聴ボランティア養成講座がはじまりました!

5月18日、介護老人福祉施設 吹田竜ヶ池ホームで傾聴ボランティア養成講座が行われました。
この講座は吹田竜ヶ池ホームとボランティアグループ「吹田傾聴ほほえみ」と吹社協の共催で行われています。

この講座は5回連続講座で、1回目は「ボランティアの心構え」
「傾聴についての基礎知識や高齢者の特性など」について学びました。

初回ということもあり、始めは緊張気味だった参加者の皆さまも、
講師のわかりやすく楽しいお話しと、

ブログ用①

実際に2人1組になって傾聴のロールプレイを行うことで、

ブログ用②

次第にリラックスして参加されていました。

次回も、みなさん、笑顔を忘れずにご参加ください!

2回目・・5月25日(金)14時~16時
     内容:高齢者の心理・認知症の方への接し方  講師:吹田竜ヶ池ホーム
3回目・・6月1日(金)14時~16時
     内容:傾聴を体験してみましょう! 講師:吹田傾聴「ほほえみ」
4回目・・6月8日(金)14時~16時
     内容:高齢者(吹田竜ヶ池ホーム)の方とお話をしてみましょう                                          講師:吹田傾聴「ほほえみ」
5回目・・6月15日(金)14時~16時
     内容:吹田傾聴「ほほえみ」の活動事例                                                        傾聴のスキルを使ってロールプレイ  
     講師:吹田傾聴「ほほえみ」

歌体操ボランティア養成講座がはじまりました

今年も、歌体操ボランティア養成講座がはじまりました
吹田市社協ボランティアセンターでは毎年、心ふれあいSA吹田の皆さんと歌体操ボランティア養成講座を実施しています

懐かしい歌に合わせて、全身を使って体操を行います。
最初は慣れない動きに戸惑い気味だった受講者の皆さんも、体を動かすうちに笑顔が見られました

 CIMG7295.jpg

CIMG7298.jpg

歌いながら指先を動かす脳トレでは「難しい…」という声も聞こえましたが、みなさん真剣に取り組まれていました

この養成講座は5回講座です。次回は4月10日(火)です
お申し込みいただいた受講者の皆さん、次回も楽しく歌体操に取り組みましょう

平成29年度ボランティア入門講座

3月6日(火)13時30分〜15時30分 吹田市ボランティア連絡会の協力のもと、総合福祉会館集会室で開催しました。

(吹田市ボランティア連絡会の29グループのパネル展示)
①
②


はじめに、京都光華女子大学 石井祐理子先生から「ボランティア活動をはじめませんか?」というテーマでお話がありました。

③

ボランティアの役割や活動に欠かせないモノなど、自分自身を振り返るためのゲームもふまえて進んでいきました。

④

次に、吹田市ボランティア連絡会加入グループから
1、グループあめんぼ
⑤

2、ボランティアグループ「花から」
⑥
⑦
 
3、朗読工房
⑧

の皆さんが日々の活動について参加型での活動紹介をしていただきました。参加者も笑顔で、笑い声が響き和やかな雰囲気の講座となりました。

参加者からは、「多方面にわたり活躍していらっしゃる事がよくわかりました。私も年齢的に出来ることがあるかなと思いました。」と感想もいただきました。

ぜひ、第一歩をふみだして自分に合うボランティア活動を見つけていってほしいと思っています。

精神保健福祉ボランティア養成講座

3回講座最終日、2月24日(土)精神保健福祉ボランティア養成講座が開催され、講師に大阪人間科学大学の吉池毅志先生にお話していただきました。

①

レジュメに沿って

グループワークでは、リーダー・サブリーダーを決めそれぞれの得意なこと、良く知っていること、多様な顔(意外な一面・経験)についてグループ間で意見交換し共有しました。

笑い声や和やかな雰囲気で時間は流れ、

②


休憩時には、吹田精神保健福祉ボランティアグループ「アムール」の皆さんがお茶を煎れて下さりほっこりしました。

吉池先生の対等で寛容なお互いさまのお付き合いが大切であること、「弱さ」をもちながら「強さ」を活かす社会・大目にみる・長い目でみる・目を配るなど目という漢字はたくさんあり、さまざまに活用できること、多様である、すなわち、ボランティア活動も専門家でなくても、助けようとしなくても、あたりまえの付き合い、さりげなく寄り添うことが大切で、それは支えあう街づくりの原点であるとまとめて頂きました。

この講座に参加された方の中には、3月10日にハートふれあい祭り(精神障がい者理解促進イベント)にボランティアとして参加していただくことになりました。

③

また、吹田精神保健福祉ボランティアグループ「アムール」にも申込された方も数名いらっしゃいました。


この講座はのぞみ福祉会、吹田市、吹田精神保健福祉ボランティアグループ「アムール」、と共催で実施しています。スタッフの皆さまお疲れさまでした。そしてありがとうございました。

精神保健福祉ボランティア養成講座

2月10日(土)
2回目の精神保健福祉ボランティア養成講座を開催しました。
ACT-ひふみ 遠嶋哲吏氏に事業概要や自身のボランティア体験などお話していただきました。

①

次に、地域での関わりを通しての事例をグループで意見交換し、最後はグループでまとめた意見を発表しました。

②

③

最後に、当事者の方との関わり方についてのポイントなどもお話していただき、今後のボランティア活動する上で参考になることもたくさんお話していただきました。

2月24日(土)が最終の講座となります。参加者の実習も終わり3回講座のまとめも行う予定です。

第6回子育て支援傾聴ボランティア養成講座(5回講座)

2月9日(金)10時〜12時
夢つながり未来館(ゆいぴあ)で1回目の子育て支援傾聴ボランティア養成講座が開催されました。
ボランティアセンターに登録している吹田傾聴「ほほえみ」、吹田市のびのび子育てプラザと共催で実施しています。

子育て真っ最中のお母さんとそのお子さんを対象に、やさしくゆっくりとお話を聴くためのボランティア講座で、若い世代の方も多く20人が参加しました。
①

最初にボランティアの心構えについてお話し、次に吹田傾聴「ほほえみ」代表の長谷川氏より傾聴の3つのパスポート「笑顔」「アイコンタクト」「頷き」について実際に参加者同士で体験しました。
参加者からは「体験を通して聴くポイントを知ることができました」「長谷川さんのお話は楽しくて勉強になりました」と感想をいただいています。
②
③

今後も相手に寄り添い共感しながら、傾聴のスキルを学んでいきます。

今後の講座の内容

2月16日 講座内容:今の子ども達を取り巻く環境と大人の寄り添い方
    講師:夢つながり未来館 山本智也 館長

2月23日 講座内容:傾聴のスキルを使ってロールプレイ
    講師:吹田傾聴「ほほえみ」

3月2日 講座内容:子育て支援に必要な傾聴 事例をもとに考える
    講師:吹田傾聴「ほほえみ」

3月9日 講座内容:今の子育て世代の心理・悩み 吹田市の子育て支援事業
    講師:のびのび子育てプラザ 宮美智子 所長

精神保健福祉ボランティア養成講座


2月3日(土)10時〜12時
総合福祉会館で第1回目の精神保健福祉ボランティア養成講座が開催されました。この講座は3回講座となっており、のぞみ福祉会、吹田市、吹田精神保健福祉ボランティアグループ「アムール」との共催で実施しています。

最初に当事者からのお話し、長年ボランティアとして関わっている方からのお話しがありました。

 ブログ用1

次に吹田精神保健福祉ボランティアグループ「アムール」、吹田市、のぞみ福祉会から事業概要や実習内容についての説明がありました。
 
 ブログ用2

実習は1日体験で希望の事業所へ申込をし、2月5日〜17日(日祝除く)に体験します。

 ブログ用3

最後にグループ内で自己紹介や受講動機など情報交換を行い終了となりました。

 ブログ用4
参加者からは、「当事者の方からのお話しは前向きに生きてきたことが良くわかった」「私でもボランティアとしてやっていけるか心配でしたが、ボランティアさんからの話しを聞いて自身が持てたました」などの感想をいただきました。

次回は地域での関わりを通して事例をあげグループ内で意見交換を行います。
引き続き講座の様子を発信していきます。

吹田市ボランティア連絡会親睦交流会


毎年メイシアターで開催している親睦交流会が、今年度はメイシアターが改修工事のため1月29日(月)千里山コミュニティセンターで総勢約80人が参加し盛大に開催されました。

最初に吹田市ボランティア連絡会の矢上会長から挨拶があり、次に来賓の祝辞として社会福祉協議会金戸常務理事からご挨拶をいただきました。

午前中はパラリンピック正式種目でもある『ボッチャ体験』を吹田ボッチャの会の協力のもと総あたり戦で実施し白熱した試合となりました。

ブログ用1

ブログ用2

「白いボールに近づけるように赤青ボールを投げるだけのルールなので分かりやすいわ」や「普段ボランティア活動しているけど運動不足なので、今日は体を動かして皆さんと交流できて良かった」など楽しみました。

ボッチャ体験の後はお弁当を食べ、昼からのオープンニングにはボランティアセンターに登録している『吹田ギターアンサンブル』の皆さんに♪瀬戸の花嫁♪など演奏していただきました。

ブログ用3

その後、グループに分かれワークショップ形式で情報交換を行いました。

ブログ用4

普段は全く違うボランティア活動している皆さんですが、ボランティア連絡会に加入することで横のつながりがもて活動の幅が広がり、ボランティア活動が活発になっているようです。

吹田市ボランティア連絡会のホームページ(ブログ)でも親睦交流会の様子が掲載されています。ぜひご覧ください。

「吹田おはなしの会がXmasイベントで影絵を披露しました」

12月19日(火)14時から吹田市社協ボランティアセンターが調整し、センターに登録している『吹田おはなしの会』がオールケアライフのXmasイベントに参加しました。

まずは、腹話術「しょうちゃん人形」でご挨拶

①

たくさんの笑いが会場に響きわたりました。

次に、指体操で体をほぐします。

②


さあ、影絵がはじまりました。

③

  おもちゃのちゃちゃちゃの影絵が音楽と一緒に浮かびあがりました。
  裏方ではボランティアさんが細かく動いています。

④


終わったあとは、みんなではいチーズ!

⑤

  『吹田おはなしの会』の皆さまお疲れ様でした。

「ボランティアセンター登録団体交流会」開催!

台風の影響で延期となっていた交流会が11月14日(火)参加団体41団体(64人)に
参加していただき総合福祉会館3階の研修室で、社会福祉協議会常務理事から
開会の挨拶をいただき盛大に開催されました。

1ブログ用


第1部では、京都光華女子大学の石井祐理子氏から
「これからのボランティア活動とは」についてお話しをしていただきました。
吹田のボランティア活動の紹介やご自身のボランティア体験などのお話しもあり、
参加者は熱心に頷きながら聞いていました。

2ブログ用


その後、「吹田市社会福祉協議会ボランティアセンターの事業や役割について」を
担当職員から話をし、吹田市ボランティア連絡会の会長から
「連絡会の活動紹介」をしていただきました。

第2部は各6人〜7人のグループに分かれてグループワーク(ワールドカフェ形式)で
自己紹介や活動紹介をしながら交流を図っていただきました。
進行役は、ボランティアコーディネーターやボランティア連絡会の役員の皆さまに
お願いし何度か打ち合わせをして当日を迎えました。
最初は緊張もしているようでしたが、和やかな雰囲気作りをしていただき、
各グループでは、笑い声や笑顔が見られていました。

3ブログ用

4ブログ用

5ブログ用

6ブログ用

7ブログ用

8ブログ用

9ブログ用

あっと言う間に2時間30分が過ぎ、
吹田市社会福祉協議会事務局長からの閉会挨拶で無事終了となりました。

10ブログ用

アンケート結果から、
「色々な形でボランティア活動されている方々のお話しが聴けてよかった」
「ワールドカフェが特に良かった、来年も楽しみにしています」
「このようにたくさんの方とお話しできると活動の励みになります」など
たくさんの感想をいただきました。ありがとうございました。

11ブログ用

社会福祉協議会ボランティアセンターは、
ボランティアの皆さまに支えられていることをとても嬉しく思っています。

この交流会で新たな出会いや、今まで以上に活動の幅が
広がっていただけることを期待しています。

参加者の皆さま雨の中参加していただきありがとうございました。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

FC2カウンター

ツイッター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

カテゴリ