無題 - コピー

組織構成会員説明会、懇談会を開催


平成29年6月14日(水)に総合福祉会館の集会室にて、組織構成会員(33地区福祉委員会と施設を除く)を対象に、説明会と懇談会を実施しました。

第1部の説明会では、吹田市社協の事業報告・計画、予算・決算を説明しました。

 1_20170616091452611.jpg

第2部の懇談会では、参加団体の活動紹介後に、「吹田市社協に期待すること」「有意義な組織構成会員説明会にするには」のテーマで意見交換しました。

 2_201706160914533bc.jpg

 3_2017061609145500d.jpg

参加された方からは、「障がい者は、自宅に閉じこもっていることも多い。支援があれば、少しでも閉じこもりを解消できる。」「組織構成会員として、吹田市社協と今後何か協働した活動を検討していきたい。」「団体同士で連携・協働することで、互いの活動の活性化になるのではないか。」など多くの貴重なご意見をいただきました。

また、組織構成会員説明会については、「説明は短時間で、意見交流などの時間を多くとってほしい。」「出席団体だけでの意見交流ではもったいないので、欠席団体にもメッセージやコメントをもらってはどうか。」などのご意見をいただきました。

吹田市社協として、さらに魅力ある組織構成会員説明会となるよう、検討していきます。

組織構成会員説明会に欠席の団体の皆様にも、懇談会の意見を集約して、懇談会意見まとめとしてお届けする予定です。

参加してくださった団体の皆様、どうもありがとうございました。

平成29年度 衛生講習会

6月12日(月)、総合福祉会館にて、衛生講習会を開催しました。
この衛生講習会は、主に地区活動の中で昼食会や食品を扱う福祉委員さんを対象に、食中毒の予防、衛生面の管理を再度確認することを目的に毎年この時期に行っています。


今年度もたくさんの福祉委員さんにご参加いただきました。
講習は大きく二部に分かれ、
第1部は、大阪府吹田保健所・衛生課職員の佐久間淳子氏から「食中毒と予防について」の講義をしていただき、
第2部は、グループに分かれて、「昼食会で大切にしていること、自慢できる取り組み」を話し合っていただきました。
1_20170614132324880.jpg
2 (2)


第1部の講習では、クイズも交えながら講義をしてくださいました。ノロウイルスは、いつ多く発生するか、みなさんわかりますか??
3_20170614132326a23.jpg


第2部のグループワークでは、実際に昼食会で使うエプロンを着用していただき、いつも自分たちの地区で行うミーティングの空間を再現!
バイキング、1人鍋など、各地区の昼食会の違いにびっくりする方や、「昼食会に参加してもらう人に笑顔になってもらいたい!」といった活動に対する想いに共感し合う福祉委員さんの姿がとても印象的でした。
5_20170614132329a68.jpg
4_20170614132328783.jpg


今回の講習会に参加された方からは、「改めて、食中毒の予防をしっかりして、みんなと共有したい。」「また、みなさんと交流できる機会がほしい!」などの声をいただきました。
みなさんの声や活動をもとに、来年度の衛生講習会もさらにバージョンアップできるように職員一同、頑張ります!!

吹田市社会福祉協議会へのご寄付

平成29年6月5日にアサヒビール株式会社 吹田工場様より、多額のご寄付をいただきました。

1496663985431.jpg


アサヒビール株式会社では、エコマイレージとして社会貢献や環境美化などのボランティア活動をすることにより、社員にポイントを付与されているそうです。今回は、そのエコマイレージポイントによる、ご寄付とのことでした。

ちなみに、エコマイレージのトータルポイントは、ビールにちなんで「〇〇ジョッキ」でカウントされるとのことです。

 今回いただきました寄付金は、吹田市社会福祉協議会の活動に役立てさせていただきます。
 本当にありがとうございました。

第19回傾聴ボランティア養成講座開催中

6月4日、特別養護老人ホーム青藍荘で傾聴ボランティア養成講座が行われました。
この講座は青藍荘とボランティアグループ「吹田傾聴ほほえみ」と吹社協の共催で行われています。

この講座は5回連続講座でボランティアの心構えから始まり、高齢者の特徴や傾聴とは?等を学び、3回目の本日のテーマは4人1組になり、【傾聴を体験してみよう】でした。


傾聴


 皆さん、高齢者役の名演技に引っ張られ、なかなか、傾聴することができない!!と感想を述べられていました。

 
これから様々な方のお話に耳を傾けるうえで今、学んでいる基本形が生きてくるのだと思います。参加者の皆さん、関わってくださっているボランティアの皆さん、講座はあと2回です。頑張ってください。(^-^)/

吹田市社協の三役が決定しました。

今年度、当会では役員改選が行われました。5月25日(木)評議員会で理事・監事が決定し、5月29日(月)開催の新理事会で当会の三役が次の通り決定しましたので、ご報告いたします。任期は平成29年(2017年)5月27日からの2年間となります。

◎会 長    由佐 満雄
○常務理事  金戸 省三
 (副会長)
○副会長   桒田 智代
○副会長   櫻井 和子
○副会長   白銀 継哉


理 事  神德 守
理 事  中嶋 冨美子
理 事  入江 政治
理 事  夏原 章年
理 事  渡邉 眞
理 事  後藤 仁
理 事  豊岡 建治
理 事  廣瀬 力松
理 事  矢上 敬子
理 事  井上 光博
理 事  武内 慎吾
理 事  北本 恒雄
監 事  藤木 祐輔
監 事  田原 浩

(敬称略・順不同)

新体制となった当会を今後ともよろしくお願いいたします。

吹南地区福祉委員会 下新田いきいきサロン

平成29年4月16日(日)下新田自治会館にていきいきサロンが開催されました。
お天気もよく、今回もたくさんの方が参加されました
本日は自治会館の隣にある公園の桜を眺めながらお弁当をいただきました

 ブログ用1

お弁当のあとはみんなで折り紙を楽しみました
「昔はよく折ってたけど、もう忘れたー」と悪戦苦闘しながらもたくさんの折り紙の作品が仕上がりました

 ブログ用3
 ブログ用2

できあがった作品は秋に開催される文化祭で展示されることになりました
お弁当も折り紙も、みんなで集まると会話が弾んでとっても楽しいひとときになりますね
趣向を凝らした楽しいサロンを企画してくださる吹南地区福祉委員会の皆さま、いつも本当にありがとうございます
次回のいきいきサロンもたくさんの方のお越しをお待ちしております

新年あけましておめでとうございます!

昨年中は大変お世話になりありがとうございました
今年も、みなさまにとって
すばらしい一年になりますよう
心からお祈り申し上げます

本年もどうぞよろしくお願いいたします

2017年1月1日


吹田市社会福祉協議会
職員一同


toridosi.jpg

第2回吹田災害支援ネットワーク開催!

平時から災害支援を意識したネットワークを構築し、顔の見える関係、活動の理解、など情報共有しませんか?

と、吹田市社会福祉協議会がよびかけ、今年2月に「第1回吹田災害支援ネットワーク」を開催しました。
参加したみなさんから「引き続いて開催して欲しい」との声をいただき、今回第2回目の開催に至りました。



今回より吹田市社会福祉協議会に加えて・・・

DSC_0481 (225x300)
吹田市ボランティア連絡会

DSC_0483 (300x225)
吹田市立市民公益活動センター(ラコルタ)

DSC_0485 (300x169)
吹田青年会議所

そして、大阪府社会福祉協議会世話役となって企画・運営を行いました。



冒頭に吹田市社協より本ネットワーク開催の趣旨、4月に吹田市と吹田市社協で締結した「災害時の相互支援に関する協定書」について説明・報告をしました。

その後、同協定書にもある災害ボランティアセンターについて、世話役団体でもある大阪府社会福祉協議会より、災害ボランティアセンターの説明、被災者からの相談(ニーズ)内容、日頃のボランティア活動が被災者支援につながること、について説明がありました。
IMG_0527 (300x226)


後半は、世話役団体の吹田市立市民公益活動センター(ラコルタ)がグループ交流会(ワールドカフェ方式)の説明を行い、参加者が「災害時に取り組む活動」を具体的にイメージして交流しました。
IMG_0538 (300x225)


参加者からは「さまざまな団体と関われたことで、有事の際の連携がスムーズに行える」「日頃の活動が、いざという時に役立つように心して活動していきたい」などの声がありました。

吹田市社協は、災害発生時には災害ボランティアセンターを運営しますが多様な団体による協働型での運営をイメージしています。
今回の吹田災害支援ネットワークも協働型を意識し、役割分担を行い開催しました。

今後も、多様な団体が集う「社協らしさ」を意識しながら、地域福祉活動を、そして災害時の支援活動を取り組んでいきます

平成29年度正規職員募集

吹田市社協では下記の通り、平成29年度採用の正規職員を募集しています。

1.採用人員 コミュニティソーシャルワーカー(相談援助業務) 1名
対人援助業務に関心があり、地域福祉活動、ボランティア活動が好きな者。
ただし勤務後、総務など他の部署に異動する可能性があります。

2.採用時期 平成29年(2017年)4月1日採用予定
       

3.受験資格 昭和61年(1986年)4月2日以降の生まれで、社会福祉士資格を有する者。
あるいは、社会福祉士受験資格を有する者。新卒、既卒問いません。

4.募集期間 平成28年(2016年)11月28日(月)~12月9日(金) ※必着

5.選考方法 平成28年(2016年)12月17日(土) 9時受付
午前9時30分~12時30分 筆記試験(1次試験)
応募者に受験票、受験会場案内を送付します。
1次試験の試験科目は、一般教養試験、職業適性検査とする。また、2次試験については1次試験合格者に通知する。

6.発表方法 平成28年(2016年)12月22日(木)頃に本人に通知する。

7.採用選考にあたっての提出書類(募集期間中に必着のこと)
①履歴書
②卒業(見込み)証明書
③成績証明書
④資格を証明するもの(写し)
 ただし、受験資格取得見込み証明書については原本
          
8.給与 (参考)大学卒基本給 186,032円 (地域手当込)  賞与 年2回
※その他、手当等については当会規程による。
※職歴加算あり。

9.問合せ先 吹田市社会福祉協議会 広田・佐伯
吹田市出口町19-2 総合福祉会館内
電話 06-6339-1205


ご不明な点がございましたら、お問い合わせください。



平成 28 年度職員募集のお知らせ

下記の通り職員を募集します。ご不明な点はお問い合わせください。

社会福祉法人吹田市社会福祉協議会  平成 28 年度職員募集について

1.採用人員 一般事務職(相談援助業務・コミュニティソーシャルワーカー等) 1 名
相談援助業務に関心があり、地域福祉活動、ボランティア活動が好きな者。
誰もが安心して暮らせる住みよいまちづくりを目指し、地域住民の福祉活 動を支援し、
また個別に課題を抱えた方に寄り添い解決を図る団体の職員 として従事したい者。

2.採用時期 平成 29 年(2017 年) 1 月 1 日採用予定

3.受験資格 昭和 62 年(1987 年) 4 月 2 日以降の生まれで
  4 年生大学卒業者で社会福祉士 資格を有する者、あるいは社会福祉士受験資格を有する者。

4.募集期間 平成 28 年(2016 年) 10 月 17 日(月)~10 月 26 日(水)
  事務局に持参か郵送(郵送の場合は 26 日必着)。 応募者には受験票を送付する。

5.選考方法 平成 28 年(2016 年) 11 月 3 日(木)
吹田市立内本町コミュニティセンター(吹田市内本町 2-2-12)
午前 9 時 30 分~12 時 30 分 筆記試験(1 次試験)
1 次試験の試験科目は、一般教養試験、職業適性検査とする。
 また、2 次 試験(11 月 12 日(土)実施)については 1 次試験合格者に通知する。

6.発表方法 平成 28 年(2016 年) 11 月 25 日(金)頃に本人に通知する。

7.採用選考にあたっての提出書類
  ①履歴書 ②卒業証明書
 ③資格を証明するもの(写し) ただし、受験資格取得見込み証明書については原本。

8.給与 当会規程による。

9.問合せ先 吹田市社会福祉協議会 広田
   吹田市出口町 19-2 総合福祉会館内
  電話 06-6339-1205

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

FC2カウンター

ツイッター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

カテゴリ