FC2ブログ
無題 - コピー

災害ボランティアバス参加者募集!!

吹田市社会福祉協議会施設連絡会では、台風19号で被災された方の支援のために、
災害ボランティアバスを運行することにしました。


参加者を募集していますので、詳細をご確認の上、お申込みお問い合わせください。

【詳細】
実施要領及び案内チラシはコチラの新着情報からダウンローしてください

日時:令和元年11月24日(日)~26日(火) ※車中2泊(現地での宿泊はありません)
行先:宮城県丸森町災害ボランティアセンター(宮城県伊具郡丸森町字花田68)
費用:3,000円(ボランティア保険未加入者は保険代別途600円必要)

募集人数:先着15人(市内在住・在学・在勤の18歳以上の方。20歳未満の方は保護者同意が必要。)
※施設連絡会加盟施設枠として別に20人を募集します。

持物:作業着(汚れてもよい服装)、着替え、帽子、ゴム手袋、タオル、雨具、長靴、健康保険証等。

申込:11月21日17:00までに吹田市社会福祉協議会にFAX・メールで申込ください。
※11月25日の食事(3食)、飲み物は主催者で用意しますが、各参加者でも必要分ご準備ください。
※原則、 事前説明会にご参加ください(下記参照)。

(主な行程)
11月24日(日)20:30 吹田市立総合福祉会館 集合 (21:00 出発)
11月25日(月) 9:00 丸森町で災害ボランティア活動 (19:00 丸森町 出発)
11月26日(火) 6:00 吹田市立総合福祉会館 着(予定)

(事前説明会)
日時:11月22日(金)19時~20時(予定)
場所:吹田市立総合福祉会館 3階(吹田市出口町19-2)
※説明会受付時に参加費(3,000円)、災害ボランティア保険(600円:未加入者)を お支払い下さい。

主 催:吹田市社会福祉協議会 施設連絡会
運行協力:社会福祉法人 吹田市社会福祉協議会(吹田市出口町19-2)
(問合せ:TEL 06-6339-1254 FAX:06-6339-1202 メールsuisyakyo@mua.biglobe.ne.jp)

愛情は抜けません!古江台地区の昼食会、そして懇談会

11月10日(日)、古江台地区の昼食会、そして懇談会が開催されました。

 昼食会では、前日から福祉委員さんが仕込みをされ、始まる前からとてもいい匂いが会場を包みます。男性の委員さんも、会場づくりから料理の盛り付けなど大活躍!
 昼食会がスタートすると、地域のボランティアによる生演奏(バックミュージック)があり、和やかな雰囲気が漂います。
 昼食の後は、参加者の誕生日のお祝いや生演奏での合唱(参加者みんなで)など、終始、福祉委員の参加者に対する愛情を感じる昼食会でした。
100.jpg
200.jpg
300.jpg


 昼食会終了後、本会の計画である第4次地域福祉活動計画策定を前に地区福祉委員会との意見交換会を実施し、福祉委員の皆様から、サロン活動や昼食会、世代間交流など、今までとこれからの活動についてご意見をいただきました。
 「参加者の固定化」「担い手の高齢化」「参加したくてもできない方への支援」「活動の周知方法」など、活動する上での課題を感じながらも、より多くの住民へ思いを馳せる地区福祉委員会の姿勢を感じることができました。
 最後に、「吹田市社協は地区福祉委員がやりたい活動を、今後もしっかりサポートしてほしい」とのお声もいただきました。
 共に地域福祉を推進している地区福祉委員会の活動が魅力的であり続けられるよう、今後も全力でサポートしたいと思います。 ご参加いただいた地区福祉委員会の皆様、ありがとうございました。

東地区南正雀ブロック・吹東幸ブロック 昼食会

令和元年11月9日(土)11時30分~13時30分 東地区で昼食会(ほのぼの会)が開催されました。
珍しく同じ日に2ブロックで開催となりました。1_20191111151806866.jpg


まず南正雀ブロックでは、毎回お菓子や果物なども準備、楽しんでいただくための工夫がされています。2_2019111115180852f.jpg


今回は演奏とコーラスのボランティアさんにきていただきました。懐かしい曲を聞きながら参加者はうっとりされていました。3_20191111151809839.jpg


吹東幸ブロックでは、大正琴の先生にきていただき、「瀬戸の花嫁」「上を向いて歩こう」など参加者が知っている曲で賑わい、最後に「川の流れのように」を大正琴に合わせて一緒に歌いました。4_201911111518119b1.jpg
5_201911111518124e4.jpg


2ブロックとも、あっという間に時間が過ぎ「また次回も来てくださいね」と声かけし終了となりました。次回は2月に昼食会を開催予定です。今年度最後の昼食会となります。皆さまお楽しみに!

じぶんのまちを良くする仕組み。中学生が街頭募金!

吹田市内での赤い羽根共同募金は、10月1日~12月25日までの期間、

市内のさまざまな団体や企業、地域で取り組まれています。

みなさんから集まった募金は、地域の福祉活動や福祉施設、

ボランティア活動などに活かされています

今年も、高野台中学校の生徒会のみなさんが、赤い羽根共同募金の街頭募金活動をしてくださいました。

高野台中学校2


高野台地区福祉委員会のみなさんも一緒に立ってくださいました。

11月5日~8日の朝8時から、正門前で立ってくださっています

今回は、オリジナルの看板を作成してくださいました!

かわいく描いてくださり、ありがとうございます

高野台中学校街頭



高野台中学校生徒会のみなさん、朝早くからありがとうございました。

あと2日間、よろしくお願いします!

東地区 川園ブロック昼食会 ほのぼの会

11月2日(土) 秋晴れの中、川園ブロック昼食会が開催されました。
約40人が参加し日頃のおしゃべりで大変賑わいました。

今回はコップ下に赤色の鶴、緑色の鶴が入っており、赤色の鶴にはプレゼントをお渡しします。プレゼントは京都の金平糖で4人の方にお渡しできました。
全員には帰りにテッシュ1箱をお渡ししました。1_20191105144855fd1.jpg
2_20191105144856776.jpg
3_20191105144857e65.jpg


毎回色々なしかけを工夫していただき、ボランティアの皆さまありがとうございます。

次回は2月ごろを予定しています。お楽しみに!

「片山地区福祉委員会地域懇談会」開催!

11月2日(土)、片山地区公民館で片山地区福祉委員会主催の地域懇談会が行われました。
この懇談会は地区福祉委員会が令和2年度~令和6年度までの5年間の活動計画を立てるにあたり、
広く地区の皆さんの意見を聞こう、と言う趣旨で開催されました。
福祉委員会の役員だけでなく、自治会や各団体や関係施設にも呼び掛け
計26名で活発な意見交換がされました

3グループに分かれて「この地区に住んでいて課題だと思うこと」について話し合いました。
福祉のことだけに関わらず、防犯や環境のことなど幅広く、
日頃感じていることを率直に話し合いました
「子育て世帯には転勤族が多く孤立しがち」
「ファミリーサポートの高齢者版があればよいのでは」
など、
さまざまな意見が挙がっており、皆さんの自分たちが住んでいるまちを想う気持ちが強く感じられました
20191102_192711588.jpg

20191102_193819759.jpg

意見交換の後は、グループごとに発表もありました。
自分のグループでは出ていなかった意見も共有でき、
所々で「なるほど」と言う声や頷く姿が見られました

参加者の皆さんお疲れさまでした
社協も引き続き、次の5年間も地域の皆さんとともに活動してまいりたいと思います

豊一地区玉の井自治会高齢者向け講座


令和元年10月30日(水)豊一市民センターにて、玉の井自治会高齢者向け講座が開催されました
この講座は、毎年、玉の井自治会福祉部の委員さんが中心となり企画され、豊津江坂地域包括支援センターと吹田市社協が協力しています。

今年は「高齢者のこれからの備え~あなたは生活の困りごとや悩みごとを相談できるところを知っていますか~」をテーマに、寸劇を交えて相談機関の役割を紹介したあと、薬局薬剤師による薬の飲み方、飲み合わせのお話や、地域包括支援センターよりエンディングノートの紹介、社協よりかぎ預かり事業の紹介を行いました。

 IMG_6585 - コピー

その後、グループに分かれて茶話会を行い、スタッフもテーブルに入り、一緒に楽しみました

「夫の介護の相談をしたくて」「いつかお世話になるかもしれないから」と、参加された方はそれぞれの思いをお話してくださいました。

スタッフ含め45名の参加があり、会場は満席となりました
本日の講座をきっかけに、地域の相談機関を知っていただき、心配なことや困りごとがあった時には、ぜひご相談いただければと思います

当日ご協力いただいた玉の井自治会福祉部の皆さま、ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました

平時からのつながりを!吹田災害支援ネットワーク交流会を開催

10月30日(水)に吹田災害支援ネットワーク交流会を開催しました。30団体45名の方にご参加いただきました。

災害支援NW


日頃から顔の見える関係を持ち、団体間の情報交換や共有を行うことを目的に、今年で5回目の開催になります。
吹社協ボランティアセンターの説明や世話役団体(吹田青年会議所、市民公益活動センターラコルタ、吹田市ボランティア連絡会)からの報告、一般社団法人 ダッシュ隊大阪の中嶋様より、吹田市災害ボランティアセンターでの活動報告をしていただきました。
後半は、世話役団体の大阪府社協進行のもと、参加者同士の意見交流を行いました。

参加者からは「多種分野の方と交流できて良かった」「災害ボランティアセンターを知らない人が多いのでもっと周知させたい」との感想がありました。

昨年の大阪府北部地震や台風21号から、1年が経過しましたが、今年も各地では多くの災害に見舞われました。改めて、日頃からのつながりの大切さを感じました。

今後も吹田災害支援ネットワークのつながりを継続していきます

災害支援NW

山一地区福祉日帰りバスツアー

10月29日(火)山一地区福祉委員会主催の障がい者交流バスツアーが行われました
朝から、あいにくの雨模様でしたが、総勢37名で出発です

今回は、名張方面 
    ぬるべの郷 すすきの「曽爾高原」
    青蓮寺湖 観光村 ぶどう狩り

まずは、お買い物「とれたて名張交流館」へ
雨の中、高速道路の渋滞に合いながらも無事到着。名張の物産を中心に野菜・漬物などの買い物を楽しみました。

お待ちかねの昼食は「青蓮寺レークホテル」で。
青蓮寺湖を眼下に見て…霧で霞んでいましたが、ゆっくり食事ができました。

山一地区バスツアー4②

お腹いっぱいになった後は、ぶどう狩りに行きました。
園のスタッフからぶどう狩りの手順を聞いた後、美味しそうなぶどうを選んで…
山一地区バスツアー8③

食後すぐの食べ放題。でも、美味しくて皆さん「甘い~」と食べておられました。
山一地区バスツアー11④

お土産のぶどうも忘れずに

最後は、曽爾高原へ。関西ではススキの名所として知られる絶景スポット。山の斜面が一面ススキに覆われているのですが、雨と霧の水分をたっぷり吸って重そうに穂を垂れるススキも、また、良かったです。
山一地区バスツアー13⑤

参加された方の「ありがとう、楽しかった」の感想が聞けた、このバスツアー。
企画・サポートされた山一地区福祉委員の皆さま、お疲れさまでした


「善意銀行 車いすのご寄付をいただきました」

 令和元年10月29日(火)に大阪府社協にて、車いすの寄贈式がありました。
吹田市社協には、(株)ケーエスケー様より、大人用車いす2台、子ども用車いす1台のご寄付をいただきました。
ご寄付をいただきました車いすは、市民のみなさんへの貸し出しや、小中学校での福祉教育「車いす体験」でも活用させていただきます。
1_20191030113655a9a.jpg

ご寄付いただきました(株)ケーエスケー様、ありがとうございました。
2_20191030113656511.jpg
吹田市社協では、介護保険などの制度が利用できない方やケガなどで一時的に車いすが必要な方に、原則3カ月以内の期間で貸し出しをしています。
お申込みの際に、印鑑(認め印可)をお持ちください。

車いすの貸し出しについて、お気軽にご相談・お問い合わせください。
吹田市社協 電話 06-6339-1205

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

FC2カウンター

ツイッター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

カテゴリ